ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

湯布院にて:part 4

さて‥また湯布院レポートに戻ります。二日めの朝食を終えて、腹ごなしの散策に
出たのだが、小高い山に登る前に訪れた『湯布院美術館』をご紹介。
ここから以後は[ネタバレ注意]デス。建物も展示もとてもユニークな美術館で
びっくり体験?を写真でもご紹介したいのだが、まだ行ったことがなくて自分の
新鮮な視点で観たいと思う方はご覧にならないでくださいね。
c0135864_10103879.jpg
入場料600円を払って中へ入ると、いきなり‥
c0135864_10333956.jpg
きれいな格子が目前に。わあ〜。
c0135864_10371733.jpg
芝生の中庭を囲むようにぐるりと建物が配されている。
c0135864_10384632.jpg
入口で渡された館内案内図に目を落とすと‥おお! “象設計集団” が作った
建物なんだ‥。実は私、出版社を辞めてすぐの数年、友人と2人で “象設計集団”
の事務所に居候していたことがあるのだ。東中野にあった古い一軒家で、広い
緑の庭にむかって縁側はいつも開け放たれていて、小さなプレハブもあり、
たくさんのスタッフがわいわい、という感じで仕事をしていた。私たちは玄関の
脇の書庫だった四畳半を借りてちんまり居たなぁ‥懐かしいなぁ〜、としばし
感慨にふけってしまった。
さあ、しかし、展示を観よう。「青の展示室」という部屋には常設されていると
いうさまざまな万華鏡。ひとつひとつ覗いては非日常の時空に想いを馳せる。
靴を脱いで入る「和室の展示室」には、この美術館の主役、佐藤 渓の略歴など。

c0135864_1117285.jpg
ここは「舞台の展示室」。座るな、と書いてなかったので椅子に座ってみると‥
c0135864_11202550.jpg
窓からこんな光景が見える。
c0135864_11222135.jpg
この右手の瓦屋根の建物の開口部からの眺めだ。さらにちょっと奥に進むと‥
c0135864_11244938.jpg
隣接する公園に置いてある機関車‥らしきものが見える。これは意図的な配置
なのだろうか。ちなみにこの公園にはゲートボール場があり、機関車の前で
ゲートボールに興じる人たちがいたよ。

c0135864_11282056.jpgぐるっと回り込むと「回廊」

黄色い格子の窓の内側だ。
ここには佐藤 渓の詩が
いくつも掲げられている。
寡聞にして知らなかったの
だが、佐藤 渓は湯布院で
没した放浪の詩人画家で、
『湯布院美術館』はその
作品展示を目的に建てられ
たのだそうだ。本人直筆に
よるという放浪の‥なんと
言うのだ‥ルートマップ?
は、すさまじいほどの勢いで
あっちへ行ったりこっちへ
行ったり。何を求めて
彷徨っていたのだろう‥。
c0135864_11501956.jpg
回廊を抜けると、さきほど窓から見えた建物の上にあがることができる。
‥由布岳。そして「小山の上」という場所へ。
c0135864_11534874.jpg
小山の上からは湯布院の街を眺めることができ、山々に囲まれた盆地なのだな、
というのがよくわかる。
c0135864_1155372.jpg
そのミニチュア版みたいなのが『湯布院美術館』のようにも思えたのだが、
“象設計集団” のコンセプトは(7つあるのだが)たとえば「自然を受けとめ
自然を楽しむ」や「多様性」「五感に訴える」などがあり、「場所の表現」と
いうのもある。ふと感じたこの感覚、あながち間違っていないのかも‥。

さて、小山の地面にある白いカタマリは明かりとりなのだが、山の下にあるのが
メインの「小山の展示室」。まあるいドーム状の展示室には、美術館が所蔵して
いる佐藤 渓の作品から選んだ絵画がたくさん展示されている。(年に数回入れ
替えるらしい‥)。これらがまた、すさまじい数の手法で描かれている。
油彩、水彩、ペン、鉛筆。素材もキャンバスから紙、木片など、手当たり次第
というと言い方が悪いが、きっと呼吸するように表現をしていた人なのだろう。

人がほとんどいなかったのでゆっくりゆっくり、気になったパートは戻って
観たりしながらひとときを愉しんだ。建物と風景の調和もすてきだったので、
また緑の濃い季節などに来たら違う印象で愉しめるに違いない。
というわけで、こっそりと(笑)再訪を誓ったのでした。
by beads-mici | 2010-11-27 10:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

まだブツクサ言ってるの?‥えー、はい。

昨日、広州アジア大会で宮澤崇史選手が獲得した銀メダルについての報道が
ほとんどなかったねー、というぼやきを書いたら、同じ自転車ロードレース
ファンの方からコメントをいただいた。

「日の丸背負って銀メダル獲って、あの報道量には納得いかないですね!」

そーだそーだ。くやしいじゃないか! ときどき知りたガールになる私‥とってる
新聞(朝日)の各競技の報道量について調べてみようと1週間ぐらい溜まって
いる新聞を引っぱり出して、関連ページを破いて集めた時点で‥めげた。
実はね、寝違えて朝から首が痛いの(笑)。
で、方針変更。第11日の記録が載っている23日の紙面だけをチェックしてみた。
この日は陸上の福島千里選手とサッカー・なでしこジャパンが金メダルを獲った
ので半分ぐらいがその記事。金以外のメダル関係で見出しをみると‥

「陸上・女子400㍍ 千葉、復調の銀」
「陸上・男子400㍍で銀メダルの金丸」(コメント)
「陸上・女子ハンマー投げで銅メダルの室伏」(コメント)
「フェンシング・フルーレ団体銀 女子」
「飛び込み・中川 渋沢 悔しい銅」
「トランポリン・ベテラン外村銅」(写真つき)
「レスリング・「銅コレクター」鶴巻が銀」

メダルを獲ったのに見出しにもなっていなかったのは、フェンシング男子
サーブル団体の銅メダルと自転車男子個人ロードレースの宮澤選手だけだぞ。
しかも宮澤選手は「2位」とは書いてあるが「銀」の文字はどこにもない。
と、今日は重箱の隅つっつきモードの私だわ〜。だって首痛いんだもの‥。

もしかすると自転車競技って、中途半端にマイナーだからいけないのかも
しれない。‥と、今度はすねちゃったモードです〜。
ある意味「ど」マイナーなカヌー競技の中のドラゴンボートやチェス競技の
ウェイチー(囲碁)の混合ダブルスはニュースになっていたからねぇ。
いかにもアジアらしいカバディやセパタクローもメダルにからんだら話題に
なるだろう。‥というわけで、どれだけの選手が、日の丸背負って参加して
いるか、も調べてみた。42競技(476種目)のすべて‥って、凄い。
10月末時点の選手団の人数は選手が726名、それに役員とアディショナル
オフィシャル(ってなんだ?)を加えると1000名を超えている。
威張ることがお仕事?の役員はともかく、これらすべての選手がメダルを
目指して頑張っているのだ。メダルを獲った選手には敬意を表して報道して
あげてね、メディアのみなさん。

そしてそう、それぞれの競技に熱いファンがいて、コメントをくださった
ファン氏のように「みんなで盛り上げていこう!」と考えているのだよね。
このブツクサブログもその一環‥ということで、ご不快に感じた方がいらしたら
ごめんなさいです。なんだかうまくまとめられなくなってしまったが(‥汗)
結論! 自転車ロードレースって面白いのよ〜。応援してね〜。
by beads-mici | 2010-11-26 20:07 | スポーツ観戦〜自転車・F1〜 | Trackback | Comments(2)

銀メダル

食べてばっかり(笑)じゃない湯布院レポートも書こう、と思いつつ、今週
はじめから外での仕事が続きなかなかPCの前に居られない。一段落したら‥
あるいは合間をぬって、いずれまた書きますね。そしてこれもタイミングを
逸した?話題ではあるが、第16回広州アジア大会について。
c0135864_12444381.jpg
応援している自転車ロードレースの宮澤崇史選手が、銀メダルを獲得した。
が、少し前にぼやいた(こちら *)ようにメディアのほとんどが無視(私は直接
観たり読んだりできなかったのだが、TBSと毎日新聞は報道したようだ‥)。
時事通信は「後味悪い銀メダル」と題して記事を配信していたが、そうなのだ‥
なんだかへんてこなレースだったみたい。

へんてこ その1:トップでゴールした選手が反則で降格。斜行して後ろの選手の
進路を妨害したのだそうだ。確かにICUの規則に「競技者は、スプリントを開始
した時に選択したレーンから逸れたり、同様に他者に危険をもたらすことは
厳しく禁じられる」とあるが、レーンといっても陸上競技みたいに道路に線が
引いてあるわけでもないしねー。観ていないのでなんとも言えない。

へんてこ その2:最後の走路がレース前に聞いていた直線ルートとは違い、
迂回するように逆側からゴールするものになっていた(by 時事通信)とのこと。
これも、日本自転車競技連盟などは何もコメントを出していないし、新聞にも
「言われてみれば監督会議でもコース説明がなかった。きちんと確認しておけば
よかった」というコーチのコメントが載っていただけで、レースの運営側が
コースを変えたのか、日本側の確認が杜撰だったのか‥わからない。
ただこれは、スプリンターにとってはきついよねぇ。(あと何百㍍‥回りの
様子は‥)などなど、最後にもがく‥爆発的な力を出す瞬間にそなえて走って
いるときに(あれ? どっち? まっすぐじゃないの?)なんて‥集中はできない、
タイミングはずれるわ、力は足りなくなるか余るか‥どうしようもないよね。
選手が等しく変更を知らなかったのなら、まあイーブンなのだろうが。

宮澤選手は多分「いずれにしても自分の力が少しだけ足りなかった」と言うと
思う。引きずってもしょうがないしね。オフに入り「よいこでいます」宣言も
していたし(笑)ゆっくり身体を休めてください。
なんか‥もやもやしているファンの今さらの、そして再びのぼやきでした〜。
by beads-mici | 2010-11-25 08:38 | スポーツ観戦〜自転車・F1〜 | Trackback | Comments(1)

湯布院にて:part 3

タイトル変えました。
二日めとなると「旅」というより「居る」という感じになるから‥。
c0135864_151288.jpg
さて、散歩を終え宿に戻って、疲れた脚をいたわるべくお風呂へ。登ってきた
小高い山の標高はどのぐらいあるのだろう。ちなみに由布岳は1,583㍍。
ツレはその由布岳が見える露天のある外のお風呂へ。私は内風呂でヘアパック
などしながら、ぽよ〜ん‥。風呂上がりのビールが‥うまい(笑)。

おなかぺこぺこでむかえる二日めの夕食は‥
c0135864_15532497.jpg
あでやかな紅葉で彩られた前菜から。右は卯の花。

c0135864_15544130.jpg
絶品だったのが柚子釜。くりぬいた柚子のなかに海老や白身魚、百合根、銀杏、
椎茸など。柔らかいお出汁に柚子の酸味とほのかな苦味が調和して美味しい〜。

c0135864_1601531.jpg
お造りと、お椀は選べて今日はすっぽん。あったまります。

c0135864_162263.jpgc0135864_1623217.jpg













筑前煮やいさきの焼き物
などが続くが、この辺り
から気もそぞろ(笑)。






だって、本日のメインが
しゃぶしゃぶなのだー!
c0135864_1662327.jpg
あら〜、写真ではお肉の色が飛んじゃってますね‥。赤身と霜降りを選べます、
とのことで選んだ赤身だが、ほどよく脂も入っている。

c0135864_16112087.jpgこれを2種類のたれでいただく。






そしてここでも大量の野菜。
クレソン、レタス、ねぎ‥
もちろん全部たいらげました。c0135864_16123316.jpg



c0135864_16431031.jpg
デザートはお酒のあとにぴったりの柿と、やさしい味わいのパンナコッタ。
‥そう『玉の湯』の料理の味つけは、全体的にとってもやさしい。
素材の持ち味をていねいに引き出している感じです。

この夜もごはんはパス‥だったのだが「よろしければ後で」とおにぎりにして
届けてくれた。一休みしてバーに飲みに行き、話が弾んでかなり遅くに戻って
から、結局いただいてしまいました。
c0135864_16434491.jpg

それにしても、延々と食の話ばっかりね(笑)。美術館のことなどは、次回‥。
by beads-mici | 2010-11-21 16:56 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

湯布院への旅:part 2

タイトルに、湯布院「への」旅と書いて(うーむ)と考えてしまった。
まあね、日常から離れるわけだから旅ではあるのだけれど、道中のあれこれを
愉しもうという気はほとんどなく、もう『玉の湯』へまっしぐら。
着いたら着いたで観光などいたしませぬ。なるべく宿から出たくない(笑)。
c0135864_1635372.jpg
だってね、こんなにすてきな庭があるのだから。 ↑ はテラスからの眺め。
さすがに寒くて(南だからあったかいだろう‥と勝手に思って行ったのだが、
湯布院は盆地なので冬は寒いのだそうだ。雪が降ることもあるとか‥)長くは
居られなかったが、宿のご主人の「庭は雑木林に」という方針が見事なまでに
具現化されている。
c0135864_1647545.jpg
前回、春に訪れたときはさまざまな緑の重なりがほんとうにきれいで、
その中を庭師の方がすっすっと歩きながら、さり気なく手入れをされていた。
父の作る “ジャパニーズ・ナチュラルガーデン” をちょっとだけ手伝って
いるからわかるのだが、雑木林は放っておくとほんとに「雑」になってしまう。
植物の育つ早さとか茂る範囲とか、それぞれに異なるので(どーして言うことを
聞いてくれないのっ)というのはしょっちゅう。『玉の湯』では野の花の畑を
持っていて、こまめに植え替えなどしていると聞いたのだが、それって優雅に
湖面をすべる白鳥が水面下では必死?で足掻いているのと同じようなことなの
ですね。その苦労を感じさせない自然さがまたすごいところで‥何時間でも
ぽ〜っと眺めていられる庭なのだ。

とはいえ、散歩ぐらいはいたします。なぜなら‥
c0135864_1785893.jpg
これが、朝ごはん。ツレ曰くの「うちの夕食ぐらいだね」は言い得て妙。
焼き魚にお豆腐、野菜の一皿二皿はまさに我が家の晩ごはん(笑)。
写ってはいないが、これに卵料理と具沢山のお味噌汁なども付いているのだ。
ツレはごはん三膳食べてたよ‥。ゆえに腹ごなしのお散歩は必然!なのだ。

c0135864_17243687.jpg山の上のほうにあるホテルに
向かって、とことことことこ
ひたすら‥しかしゆっくりと
登る(なにしろ時間は、時間
だけはたーっぷりあるから。)
かなりきつい急坂もあり、
‥え〜、そんなときは‥写真を
撮ったりして‥息を整えながら‥
で、よい運動になる(笑)。

しかしこの国の長い不景気を
感じざるを得ない光景もあり、
この紅葉のきれいな建物や、
他にもそこここに「売り地」
という看板が立っていた。
誰かなんとかしてくれい‥。
c0135864_17401810.jpg
c0135864_17421680.jpg


























温泉地なり。
c0135864_17425228.jpg
そして冷えこんでいたのがわかるだろうか。道からも湯気が‥。

c0135864_17455511.jpg
ゆるゆると、登りきったところにあるのが『無量塔』というホテル。
むらた、と読むのだが、これからもわかるようにちょっとおすまし‥のホテルだ。
そこのティールームでお茶をいただきました。
お酒のように見えるが(笑)否、ノンアルコールよ。ツレが頼んだ笹のエキスと
グレープフルーツのジュース(左)が美味しかった。私の葡萄のサイダーは‥
ちょっと甘め。ケーキを、とってもとっても食べたかったのだが、ぐっと我慢。
なにしろお腹をぺこぺこにしておかないと豪華な晩餐が愉しめないから‥。
その二日めの夕食や、観光はしないと言いながらちょっと覗いたら面白かった
美術館の話などは、また次回。
by beads-mici | 2010-11-20 16:52 | Trackback | Comments(0)

湯布院への旅:part 1

c0135864_2049836.jpg
こんなかわいいカードをそっと渡してくれるエレガントな宿に、泊まってきた。
湯布院『玉の湯』 訪れるのは5年ぶり。前回はツレの勤続30周年を記念して、
だったが、今回はいわば卒業旅行。祝・誕生日&お疲れさま、そしてこれからも
頑張ってね、は置いといて、ぼ〜っとしつつ美味しいものを食べまくる旅なり。

月曜日の昼ごろ福岡に着き、まずは軽くランチ(この件はいずれね‥。)
在来線に乗り換えて、
c0135864_21542650.jpg
こんな車窓を眺めながら(いきなりのどかだ〜)2時間ほど。そして到着した
湯布院駅から、ころころをひっぱって徒歩10分ぐらい。
c0135864_21561778.jpg
庭や暖炉や‥『玉の湯』のすばらしい佇まいの写真もたくさんあるのだが、
まだアップできないので、えーととりあえずは温泉に入ってごはんかな(笑)。
そう、この宿の食事もすばらしいのだ。
c0135864_22115891.jpg
前菜の数々。手前の自然薯、ぽん酢でいただいたのだが、こんなに野趣に富んだ
味は初めてだった。

c0135864_22165977.jpgc0135864_22185435.jpgお造りやお吸い物のあと、野菜の田舎風
煮物。そして山女魚の塩焼き。
後ろに見えているボトルは、湯布院の
水を使ったという焼酎 “ル・クレソン”。
クレソンは湯布院の街の中を流れる河に
わさわさ?自生しているそうで、名物の
ひとつであるらしい。
とても爽やかな味でした。
さて‥実はここまでが、大まかにいうと前菜。コースのメインは数種類から選べて
この夜はツレは鴨とクレソンの鍋。私は日替わりのお薦め料理を選んだ。

c0135864_22374766.jpgお薦め料理の
野菜の天ぷら。
c0135864_22395645.jpg









百合根のグラタン。
クリーミーで絶品でした!
c0135864_22415335.jpg









そして鴨とクレソンの鍋。
クレソンはもちろんお肉も、
熱々のおつゆをさっと
からめるぐらいでいただくと
ん〜〜〜 うま‥。

このあとの揚げ豆腐と
ごはんは、もう‥無理。c0135864_22432388.jpgc0135864_22442525.jpg
c0135864_2331790.jpg
柚子のシャーベットと柿でさっぱり、お口直し。大満足のご馳走さま〜でした。
このあとバーへ飲みに行ったのだが、これもいずれね‥。

友人Kちゃんから「写真 up 待ってます♪」というコメントをいただいたが、
こんな食べ物の写真がほとんどなんだけど‥いいのかな(笑)。

c0135864_2384984.jpg
もちろんあでやかな紅葉や美しい景色の写真もあるので、これから少しずつ
載せていきますね。まずは初日の晩餐のご紹介でした。
by beads-mici | 2010-11-19 21:50 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

ただいま〜。

昨夜の最終便で日常に復帰‥。↓ こんな風景の中で「ひたすらぼ〜っ」という
目的を達成してきました。
c0135864_1036974.jpg
ただし、この写真は5年前の春に訪れたときのもので、今は山も里も紅葉の
真っ盛り。冴え冴えと冷たい空気の中で輝く錦繍と食べまくった(笑)美味の
写真は整理するのに時間がかかりそうなので、追々ご紹介‥の予定。
ともあれ、持って行った本も目次を眺めただけ、という「ぼ〜っ」を完遂した
3日間ではありました。
by beads-mici | 2010-11-18 10:54 | 日々のこと | Trackback | Comments(1)

無題‥‥?

c0135864_22372824.jpg

ほんの一瞬‥‥非日常の世界を浮遊してきます。ひたすらぼ〜っとする、予定。
by beads-mici | 2010-11-14 22:42 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

浅草橋へ

昨日はひさしぶりに浅草橋へ仕入れへ。いや‥仕入れとまで言うのはちょっと
大袈裟なのだが、大ぶりの留め金や、9ピンという基礎金具の大袋入り(安い)
など、ふだんよく行く店では扱っていないパーツを中心に買い回ったのだ。
その中の一軒で、しかしずっと探していたタイプのビーズをみつけ、さらに
見たとたんにひらめいちゃった!ビーズなどもあり、気がつけばかなりの量に。
会計したら1万円札がぱっと‥消えてしまったー(汗)。そうしたらお店の人が
「業者さまですか?」「え? えっと、作ってときどき売ってはいますが‥」
結局いっぱい買う人を業者というのかな〜、以後全商品が割引になるという
カードを作ってくれたのだった。ラッキー!
そんなこんなで、いろいろ足りなかったパーツ&ビーズを買い込んで、今日は
朝からるんるん作業。あとちょっとで完成‥という作品をいくつも仕上げ、
この前作りかけの状態を紹介したネックレスもできた〜のでお披露目しよう、と
写真を撮ったのだが、なぜかmacがとりこんでくれない。
うーん、ときどき逆らうんだよね、我がmacちゃんは‥。

c0135864_22231232.jpgというわけで、美しいビーズの
ネックレスのかわりに、
まーったく関係のない納豆の
写真を掲載します(笑)。
いや「美」味しかったのよ〜。
先日のツレの誕生会の帰りに
友人である謎の貿易商氏が
「納豆好き?」とくれたもの。

c0135864_22255166.jpg
「だーい好きっ」といただいた
のだが、豆の香り、歯ごたえ、
ねばねばの具合い‥バランスの
とれたほんとうに美味しい納豆
だった。Nさん、ありがとう!
そしてよく見ると ↑ わらづとの
形はとても機能的で美しい。
とくとご鑑賞くださいませ。

そしてそして‥macちゃんの
ご機嫌を直さないとね〜。
by beads-mici | 2010-11-13 22:47 | ビーズ | Trackback | Comments(0)

祝宴

c0135864_14152547.jpg365×60=21,900 ‥‥今、電卓をたたいて
みたのだが2万日を超えるのか〜。これに
閏年が加わるから(計算する気はないが)
あと数日プラスなのね。こうやってみると
かなりの数字だ。ツレがこれまで生きてきた
日々の積み重ね‥。
そう、昨日はツレの誕生日だったのです。

還暦とか厄年とか、昔からある年齢に
まつわる諸事は、寿命の延びた現代では
感覚的には十年ぐらい早いような気がして
いて、だから今回もふつうの誕生日のように
ちょっと美味しいものでも食べてさり気なく
祝おうね‥。そんな気分でいたのだが、
世の中的にはやはり一大事(笑)のようで
友人たちが高井戸にある美味しい寿司の店
『ほしの』でお祝いの宴をもうけてくれた。
平日でみんな仕事があるのに駆けつけて
くれて総勢7名。それに店の大将、板さん、
他に来店していた知りあいの方々からも
「おめでとう!」「かんぱ〜い!」
幸せな、愉しい愉しい集まりでした。
c0135864_1541716.jpg
c0135864_15414454.jpg
しかも、美味しいのだ! 他にも牡蠣と大根の炊いたのやブリのかま焼き、穴子の
白焼きなどもいただき、ビールから日本酒の大吟醸、なぜかワイン(笑)も‥。

c0135864_154443100.jpgこのワインについては別の機会にくわしく
紹介するが、自転車ロードレースの宮澤崇史
選手が来期所属するイタリアのチームの
メインスポンサーなのだ。今週末のレースの
ため沖縄入りしている彼からもお祝いの
電話が来て、ツレはにこにこ。集まった若い
友人たちから力をもらい、ますます元気に
なりました‥のはよいのだが、勢い余って
ゴルフに行く友人2名に「行こうよ、行こ、
行こ!」と誘われ、今朝4時半起きで飛んで
行ってしまった‥。元気、すぎない?
このところロクに練習していなかったのに、
だいじょうぶだろうか。みなさまに迷惑を
かけているのでは‥と心配ではあるが、ま、
誕生日ということで許してもらえる‥かな?

ともあれ、集まってくださったみなさん、ありがとうございます。
この調子で元気で突っ走る(笑)と思いますので、また遊んであげてね!
by beads-mici | 2010-11-10 16:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)