ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

撮影終了

c0135864_23405191.jpgまいったな‥脚の筋肉痛がひどい(笑)。
運動不足をこんなとき痛感する‥。

ともあれ今日の予定分はなんとか無事
終了。なんとか、というのは途中カメラの
調子が悪くなり、カメラマン氏が事務所
まで別のカメラを取りに走る、という
アクシデントがあったのだ。
ちょうどお昼の時間帯だったので、
それほど時間を無駄にせずにすんだのだが
可哀想に彼はお昼をちゃんと食べられ
ませんでしたー。ちなみになかなか
美味しいカレーの出前をとり、みんなで
シェアしたのだけれど。

c0135864_23531085.jpg
あとは来週のモデルカットに、
あ、まだプロセスカットも残っているか。
服の手配と、原稿のメドもつけないと
いけないしバタバタは続きそうです。
こういうときに3連休があるのって、
実はけっこうイタイのだが‥‥‥‥‥‥‥‥

がんばるぞ〜。
by beads-mici | 2008-10-29 23:39 | ビーズ | Trackback | Comments(0)

お知らせ

c0135864_17551638.jpgう〜、腰が痛い‥。脚も‥。
いや、すっきり晴れたのでスポーツに精を
出した‥わけではない。
自然光の入るスタジオにて一日撮影。
床に這いつくばり、へんてこな姿勢で
ビーズのセッティングをしていたのだ。
明日、もう一日あるのだが大丈夫かな‥。
ぎっくり!は困るぞ(笑)。

そして、ついに撮影が実現したので
発表しちゃいますー!
ビーズの本を出すことになりました。
今日、半分ぐらい作品の写真を撮ったので
もうぽしゃることはないだろう‥(笑)。
これまでかなり長い期間打ち合せを重ね、

c0135864_18164338.jpg途中(ホントに出版できるのかしらん)
なんて不安になったこともあったのだが、
わーい、ステキな写真が撮れたのだ!
これをみなさまにお見せしなくてどーする
というノリで、邁進いたします。

↑ → の写真は、今日撮影したスタジオでは
なく、いわばイメージ写真‥かな。
このエキサイトにも公式ブログがある
アンティーク家具専門店 “ボワズリー” の
店内。撮影に使う素材を借りに先日訪れた
際、ちびデジカメで撮り、お許しを得て
載せてます。長い歳月を過ごしてきた
ほんもののアンティークが、わたくしめの
ビーズを美しく引きたててくれている。

本はまだ、タイトル未定。来年1月上旬、雄鶏社から刊行の予定です。
詳しく決まったら、またご報告いたします。
by beads-mici | 2008-10-28 18:44 | ビーズ | Trackback | Comments(2)

今日もまた‥

c0135864_18525321.jpg
スタンプを、ぽん、と押したような‥‥昨日とほとんど変わらない一日だった。
空はあいかわらずの灰色。原稿もあいかわらず、あちこちつつくだけで進まず。
ビーズもなんとなくモチーフを2.3個作っただけ‥。
あ、お昼はね、かきあげそばにしましたよー。それとジョギングシューズの
お散歩の、時速がちょっとだけアップした(笑)。あした天気になーれ!
by beads-mici | 2008-10-26 19:01 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

ひきつづき草花の写真を

c0135864_1954845.jpg
灰色に染まった一日だった。朝早く起きて、原稿書き書き‥思考が停滞すると
PCの画面を睨んでいてもしょうがないので、ビーズをちょこちょこいじりながら
一応脳みそはアイドリングを続ける。で「おっ」というフレーズが浮かぶと
スバヤクPCの前へ戻る。そんな状態で午前中を過ごし、お昼はなぜか突然
食べたくなったソース焼きそばを作成&ビール。昼間のビールは効きますねー。
エンジンを切り、昨夜録音したラジオ番組を聴くつもりで‥お昼寝ってしまった。
午後もあいかわらずどんよりと曇っていたが、久しぶりにジョギングシューズを
履いて‥お散歩に。ウォーキング!といきたいところだが、ずっと怠けていた
ので、いきなりスポーツモードも辛いよね、とちびデジカメをお供にした。

c0135864_19495665.jpgc0135864_1950121.jpg









あらら、まだ朝顔が咲いている。梢の紅葉も気の早い葉っぱとそうでないやつが
混在しているみたいで、不思議なコントラストをかもし出している。

c0135864_19532512.jpgc0135864_19533998.jpg









とっくに終わった夏のなごりと秋の彩りが交錯する。ふわふわのけいとうは
温かそう。カンナは‥色がキツすぎるの? なんだか写真じゃないみたいだ〜。
by beads-mici | 2008-10-25 19:58 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

雨の午後に

わ! 降ってきちゃった、雨。けっこうざぁざぁと‥。
う〜ん、原稿に行き詰まったのでビーズ屋さんにでも行こうかな、と
思った矢先。う〜ん、う〜ん。と、部屋をうろうろ(笑)。珍しく紅茶など
いれてみたり(ティーバッグだけど)。

ここのところ気持ちのよい天気が続いていた。庭の花々ものびやかに咲いた。
c0135864_15261161.jpg
シュウメイギク。キク、とあるけれど菊ではない。キンポウゲ科で、アネモネの
仲間だそうだ。中国生まれだが栽培品種はヨーロッパで作出されたものが多く
なるほど、だから薔薇のかたわらに咲いていても、すっとなじんでいるのだな。

c0135864_15331949.jpg
こちらは名前がワカラナイ。ツユクサ?
大ぶりの葉も深い深い紫で、2色の紫のコントラストがとても綺麗。

‥‥雨、少し小降りになってきた。
こんな綺麗な紫のビーズを、やはり探しに行こう。
by beads-mici | 2008-10-23 15:43 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

取材?したもの

昨日、仕事である街へ出かけた。駅前で待ちあわせたのだが、少し早く着いて
しまったのでぶらぶらしていたら‥
c0135864_1014189.jpg
なんか‥すごい街だ。そして、しかし矢印とは逆の方向にあるアンティークの
家具工房へ。撮影で使うバック材や小道具を借りるための下見。そこでまた‥
c0135864_10174366.jpg
わたくしも、このように扱ってもらいたいものだ(笑) え? おまえはもう
アンティークなのかって? ええと、まあ、そんなものでしょ‥。
by beads-mici | 2008-10-22 10:23 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

今日は穴だらけ(笑)

鍼治療に行ってきた。
治療と言っても、昨冬苦しめられたぎっくり首(と、勝手に命名)による
頸腕症候群が再発したわけではない。まあ、コンディショニングといった
ところ。治療院が混んでいて月に一度ぐらいしか予約がとれないのだが、
あまり頻繁だとお財布の持病(慢性金欠病)が悪化しそうだし、えーちょうど
よい感じかな。‥なので今日は首、肩、背中を中心に、穴だらけ、な私。
背中の左上の部分なんて破けちゃったみたいで(笑)終わってから見たら、
治療着にぽつんと一滴‥血がついていて、きゃ〜。
しかし、そう、私は利き目、利き手、利き足すべてが左なのだが、やはり
よく使う?身体の左側が固まり気味で、関節の可動域なども狭いとのこと。
そうした問題点あり、の箇所ほど鍼を入れると反応する。痛いというより
ズン、とか、ビリ、とか、まああまり気持ちは良くない感じがするのだ。
ともあれ、日常生活ではあまり気にならないこうした身体の癖とその影響を、
治療院ではチェックできるので助かっている。
かかりつけの西洋医学のドクターはエビデンス(科学的根拠)に基づいた
治療をするから、鍼などについては「うーん、東洋医学はブラックボックス
ですからねぇ」と、ボクにはわかりません的立場(否定はしていないが‥)を
とっているが、たとえば身体の歪みを調べるために毎月レントゲンを
撮るわけにもいかないしね(笑)。
‥と、そんなコトをつらつら考えていて思い出したのが、この本。

c0135864_15571517.jpg身体の構造、使い方や調整法を知り、人間が
本来持っている心身の自由と柔軟性を回復
させるアレクサンダー・テクニークについて
書かれた本だが、これは音楽家ならずとも
役に立つと思う。イラストも文章も、うーん、
なんと言うのかな‥愉快なの。たとえば
「ウェストは解剖学的には存在しない」
「わたしたちは脚の上に座るのではありません」
「ひざはひざがしらではありません」
え?でしょ。私たちが自分のガイコツその他に
ついていかに誤解しているか(笑)をまず
気づかせてくれ、その対処法も学ぶことが
できる。↓ イラストもわかりやすそうでしょ。
眺めているだけでも、愉しい本なり。
c0135864_15581777.jpg
“誠信書房” という出版社から出ています。最近近くの本屋でも見かけたので、
けっこうどこにでもある‥のかもしれない。
by beads-mici | 2008-10-20 17:55 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

またしても‥迷子

神楽坂方面へ出かけると、どーして迷子になるのだろう‥。
と言うか、昨日は迷子の名前にも値しないドジ(苦笑)。地下鉄の九段下駅で
乗り換えて2つめが神楽坂駅なのだが、なぜか「乗り換えて」という部分が
アタマからすっぽり抜け落ち、九段下では(あー、武道館の駅だー)なんて
思いながら座っていたのだ。そして神楽「坂」を、これまたなぜか神楽「町」と
思い込んでいたんだろうな‥神保町・小川町・岩本町‥と、どんどん停まるのに
(あれ?2つめじゃなかったっけ?)なんて思いながら(えーと、打ち合せでは
この件とあの件は決めてしまわないと‥)と考えにふけっていた。
が、さすがに「次は馬喰横山〜」のアナウンスに(なんか‥ヘン‥かな)と
思い至り、ドア上の路線図が見えない席に座っていたためバッグから手帳を
取り出し確認すると‥‥うわあぁぁ〜っ! ま・ち・が・え?・・たっ!
慌てて反対側のホームに走り(ちこくだ、遅刻の連絡をせねば‥)とバッグを
探ると‥‥きゃあぁ〜っ! 携帯が・・ないっ!(帰宅したらテーブルの上に
鎮座してました。)
公衆電話が激減している実情を体感しつつ、結局神楽「坂」駅に着くまで
電話ができず編集、カメラマンのみなさまをお待たせてしまいました。
ごめんなさ〜い。
c0135864_1619188.jpg
ともあれ打ち合せは順調に進み、決めるべきことは決まり(笑)新たな宿題も
かかえ、駅にて。(とほほ‥)な気分で、なぜか壁の写真を撮ってしまった。
そういえば7月の末に迷子になったときは、夕焼けの写真を撮ったっけ。
そして時刻も遅いし‥地元のスーパーマーケットでてきとーにお惣菜を買って
帰ったら、ツレから「ごはんいらないです」との連絡。
これも7月と同じだー(笑)。よし、次に神楽坂へ行くときは、ルートを
変えるぞ、と心に決めた昨夜だった‥。
by beads-mici | 2008-10-18 16:36 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち

ここのところライブ三昧である。昨夜は “よこすか芸術劇場” へ。
先日聴きに行ったNACK5主催のライブに出演した、坂崎幸之助氏の本家(笑)
THE ALFEEの秋ツアーが今月から始まっているのだ。初日の越谷、翌週の千葉、
そして昨日と、越谷はともかく千葉、横須賀は我が家からは遠〜い。
遠足気分であります。実際昨夜は、友人Fさんと帰りの横須賀線のグリーン車を
奮発して、ビールを飲みながら帰ってきました。

ところで今日の話題は、来月行なわれるライブ‥というかステージ。
実は今年の夏‥前だったが、もう随分暑かった日。音楽を聴きながら梯子に登り、
垣根の薔薇の手入れをしていた。すると、向こうの方から歩いてきたおじさまが
梯子の下で立ち止まり、何か言っている。
ん?‥なにしろ両耳にイヤホンだから‥はずしてみると「‥さん、Mさんでしょ。
僕のことわかる? わかんない? 僕、ま‥」「えっ? え〜っ? まついくん?」
あらまーびっくり。中学の同級生、まついくんだったのだ。いや、今や立派な
恰幅のよいおじさま(笑)になった松居和氏だ。
我が家の数軒先に引っ越してきていたのだが、特に珍しい名字でもないので
まさか同級生の松居くんとは露ほども思っていなかった。
その松居和氏(あまり詳しくは訊いていないのだが)教育関係の仕事をし、
著書もあるとのこと。また自身音楽家でもあり、その方面の仕事もさまざま
している(らしい。)そんな彼と数日前に、また道でばったり会い(なにしろ
町内会なので、笑)「これ、僕が作った映画。観てみて。来月公演もあるから」
と手渡されたのが‥
c0135864_17513367.jpg“シスター・チャンドラと
シャクティの踊り手たち” という
ドキュメンタリー映画のDVD。
今年のヒューストン国際映画祭の
長編ドキュメンタリー部門で金賞を
受賞し、多くの国際映画祭の招待
作品にもなっているとのこと。
(どれどれ‥)と観はじめてすぐ、
魂を鷲摑みにされた。美しいのだ。

インドで、2000年も続くカースト
制度の最下層。人に非ずとされる
ダリット(不可触民)の、さらに
女性であることによって二重に差別
されている少女たちのために
シャクティセンターという施設を
運営し、彼らに生活技術を教え、
人権意識を説くひとりの修道女。

彼らはまた踊り、歌い‥公演を通してさまざまな差別の壁を打ち破ろうという
メッセージを発信し続けている。その活動を紹介するドキュメンタリーなのだが
怒りや哀しみが渦巻く、重く暗いテーマであるにもかかわらず、美しいのだ。
(なんて美しい‥)と感じながら、暮らしと魂の解放を求める彼らの闘いを
観ていることに、実は最初とても違和感を覚えた。インドって結局すべてが
美しい国なのだろうか、とも思ったのだが、でもそれは違うのだ、多分。
取材・撮影し、編集し、語り(はすべて字幕である)と音楽を織りこむ‥すべての
作業をひとりでこなした松居氏の視線、心、感性が美しさをかもし出すのだ。

とまあ、ごたごた言っておりますが(笑)とにかく観てほしいです、この映画。
そして来月、シスターと踊り手たちが来日して11月11/12日に公演を行なう。
青山の国連大学隣の “東京ウィメンズプラザ ホール” で15:00と18:30からの
1日2回公演。映画を観てからステージを観る、というのが一番いいのかな、
と思うが、ご興味&お時間のある方はぜひ‥。
200席ぐらいの小さな会場なのでお早めに! ということで問い合わせ先などを
記しておきます。DVDも買えるみたい。

ロード・プロモーション TEL 043-293-2828
公演のチケットはぴあでも発売中(Pコード:390-208)
by beads-mici | 2008-10-16 19:32 | 音楽を愉しむ | Trackback | Comments(0)

日曜日のライブ

友人Yさんと大宮まで聴きに行ったライブについて、ちょこっとだけ報告。

c0135864_1745145.jpg埼玉のFMラジオ局・NACK5の
開局20周年を記念した
〜THE AWESOME NIGHT〜
直訳すると “恐ろしい、すさま
じい一夜” というライブだ。
なんつータイトルをつけるんで
しょうね(笑)。ちなみに→の
うさぎ、NACK5のキャラクター
らしいのだが、いいねぇ‥この
“いぢわる” そうな目つき。
(これは記念品?でもらった
ミニポストイットの表紙です)

そしてライブは、たしかに
恐ろしくカッコよくすさまじく
愉しかった!
同じく今年開始10周年をむかえた “K's Transmission” という番組を持つ
坂崎幸之助氏を中心に、南こうせつ・加藤和彦・根本要の各氏が出演。
それぞれのソロと、坂崎氏とのセッション。そして大爆笑もののおしゃべりで
え?もうおしまい?‥‥愉しいときはあっという間に過ぎてしまった。

このメンバーなので、きっとMCは長〜〜いに違いない。終演時刻の見当が
つかないね、ということで、私と友人は開演前におちゃ(け)のひととき。
サラダとソーセージで軽く腹ごしらえをしつつ、白ワインをいただいたのだ。
そして帰途は各駅停車でとことこ、ゆっくり戻ってきた。さて、いつものように
地元の店でクールダウンするか、と思っていたらツレからメイルが‥。
「本日のお薦めメニューは、さんま塩焼き、冷やしトマト、もりそば」
わーい! どうしたんだ!? 最近料理に目覚めつつあるツレの居酒屋メニューに
飛んで帰ったわたくしでした。おいしゅうございました。
by beads-mici | 2008-10-14 17:57 | 音楽を愉しむ | Trackback | Comments(0)