ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:3.11~ 震災そして原発のこと( 96 )

『福島原発警戒区域内で生き続けている動物とどう向きあうか』

昨日は、東大農学部内にある
c0135864_15202347.jpg
で、受付の仕事をしてきた。

c0135864_15221162.jpg友人がコーディネイターを務めている
「一般社団法人 東京電力福島第一原子
力発電所の事故に関わる家畜と農地の
管理研究会」(以下「研究会」)と
「人と動物の共生を支援する会」が
共催した合同シンポジウム『福島原発
警戒区域内で生き続けている動物と
どう向き合うか』‥余談だが研究者の
つける組織やシンポジウムのタイトル
って、どうしてこうも長いのかな?
舌かみそう‥(笑)

「研究会」のシンポジウムは昨年の9月こちら(*)に続いて二度め。前回は
一般参加者として聴講したのだが、今回は友人がとても忙しそうだったので
お手伝いを申し出た。あわよくばちらっと聴講できるかな、と思っていたのだが
私の担当したプレス関係者は取材したいプログラムの時間にあわせて来場される
のでなかなか受付が終わらない。しかも会場は超満員。さらに共にプレス対応を
してくださっていた獣医の方がお仕事がらでしょうね「ちょっと聴いてきていい
ですか?」といなくなっちゃうんだもの(笑)。友人がビデオを撮っているので
後で観せてもらうことにして、後半は懇親会の準備などのお手伝いもした。
c0135864_1610647.jpg
今回盛況だったのは「研究会」と米サウスキャロライナ大の共同プロジェクト
‥圏内の牛のDNAが低線量被ばくで損傷しているかどうかを調べる合同調査‥が
発表されたことにもあるようで、今朝東京新聞がさっそく記事にしていた。
他にも新聞社や通信社、TV局も数局、フリーのジャーナリストらも取材に来て
いたので、それぞれの視点で報道してもらえるとうれしいな。

こうしたプロジェクトが可能になったのも「研究会」と参加農家のみなさんが
環境を整え、個体台帳の整備や定期的な診療、飼料供給などでデータが取れる
までに牛のQOLを上げる地道な努力を続けてきたからだろう。
c0135864_16343384.jpg

c0135864_16342957.jpgただ、とにもかくにも資金繰りが
たいへんとのこと。
プログラムにも「今の福島でなければ
できない研究に、被災した畜産農家と
多分野の研究者、地元獣医師がひとつ
になり取り組む家畜と農地の管理研究
会プロジェクトは、かつてのチェルノ
ブイリでも今の日本でも類を見ない、
放射能汚染の最前線で行われている
世界初のプロジェクトです」とあるが
国は知らんぷり。
今回のシンポジウムでは、別刷りの
「ご支援のお願い」ペーパーを配るなど非常に苦労をしているようだ。
ただ、受付に話しかけてくださった方が「まとまったお金は無理だけれど、
物資の支援なら‥」というのでスタッフにつなぐことができたのはよかった。
これからも研究の進捗などを記事にしていくつもりなので、みなさまよろしく
お願いいたします。

[追記]「研究会」のHPのアドレスはこちら(*)です。
by beads-mici | 2014-02-20 16:55 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

『食べる?』

少し前に書店にて購入した『食べる? 〜食品セシウム測定データ745〜』
著者はちだい氏、出版社は新評論。1,300円+税なり。
c0135864_11234954.jpg
これはいいです。とても貴重なデータブック。
現在流通している代表的な食品を、野菜/果物/肉/魚介/乳製品・卵/乾物/
調味料‥などのカテゴリーに分け、厚生労働省が管理している自治体の測定値や
市民測定所の検査データ、氏が独自に測定機関に依頼して集めたデータなどを
原則として最新のものを中心に、基本3例ずつ載せているのだ。
ちょっと意外だったのが、厚生労働省由来のデータが7〜8割で(へーこんなに
たくさん調べてるんだ)と思った点。ただ、厚労省の基本姿勢は、多分HPなどを
こまめにチェックするなど自分から情報を取りに行かないと教えてあげないよー
というものなんだろう(苦笑)。

本は、大判だがページの紙はわら半紙風で軽く、ぱらぱらとめくるのにちょうど
よい。装丁もキッチンに馴染むギンガムチェック柄で、入手してからは(今夜は
何を食べようかな〜)と買い物に行く前などに度々ぱらぱらしています。

‥が、よいけど、よくない。読んでいると実に暗澹たる気分になってしまう。
私たちが日常、普通に食べている食材のほとんどから程度の差はあれセシウムが
検出されているのだ。「魚介・海藻」のカテゴリーなんて、ほとんどの魚がダメ
じゃんという感じ‥。はあぁ〜。
冷蔵庫のドアにメモやら何やら貼りつける、という習慣が大キライな私なのだが
この本にある[問題なし]食材一覧のページは拡大コピーして貼っておこうか、
と思う今日この頃なのである。
ともあれ、もしみなさまがなんか不安だなぁ、健康を守るにはどうしたらよいの
だろう、と感じておられるなら‥ぜひ「一家に一冊」をお薦めしたい良書です。
by beads-mici | 2014-01-13 13:17 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

“もんじゅ君” のビッグイシュー

読みたいな‥と思いつつ入手しそこなっていた “もんじゅ君” のビッグイシュー。
c0135864_1711921.jpg
今日、用事があって出かけた新宿でバックナンバーを扱っている販売員さんが
いたので購入。このかわいい “もんじゅ君”‥実は悪い子なんだよねー(笑)
じっくり読みます。

大柄な販売員さんのにっこり笑っての「ありがとう」が、心に沁みました‥。
by beads-mici | 2013-12-26 17:30 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

『市民放射能測定所』へ行ってみた

迷った〜。やっぱり迷った。一昨日ここ ↓ へ行ったのだが、地図もあり住所も
c0135864_15501261.jpg
わかっているのに、迷った。「入り口がわからなかったら電話してください」と
言われていたのだが、実は携帯が壊れていて(むむむ、公衆電話は‥ないー)
仕方なく目についた不動産屋さんで訊いたら「隣ですよ」だって(笑)。この
看板?もわかりにくいところに貼ってあるんだもの。むむむ‥。

それはともかく、なぜここ(市民放射能測定所)に?というのは前回の記事でも
書いたが、庭で実った柚子の放射能を測ってもらうため。3.11のあと2年間は
なんか不安なので食べないでいたのだが、今年はものすごーい大豊作。
捨ててしまうのももったいないし、と思い立ったのだ。
まずは前日に収穫。最低1リットルの容積は必要とのことで、このぐらいかな?
ペットボトルを半分に切って入れてみた。
c0135864_16232977.jpg
しかし、隙間がありますね。‥そう、検体は測定容器に均一・緻密な状態で
入れることで、より信頼できる測定値を導き出すことができるそうなのだ。
c0135864_16295632.jpg
c0135864_16361350.jpg
なので、洗って、ヘタと種を取って、
約5㍉角に刻む。柚子は皮も果肉も
いただくのでひたすらひたすら刻む。
こんな感じ ↑(‥ちょっと雑かな?)

結局穫った柚子全部を刻み、測定器に
かけるための「マリネリ容器」→ の
容積にどんぴしゃ‥の1001.5gを
用意した。
c0135864_16513016.jpg








『市民放射能測定所』には2種類の
検出器が備えられている。ひとつは
← こちらの「Nalシンチレーション
型検出器」。感度が良く、比較的
短時間で測定ができるが、分解能が
低いため検出限界値が高めなのだ
そうだ。料金は安いので入門編と
いうか、摂取量や頻度が低い食品の
検査を手軽に行ないたい場合には
おすすめだとか。
柚子も、そんなに大量に食べるもの
ではないけれど、でもせっかくだから
と私が選んだのは‥
c0135864_1791640.jpg
「ゲルマニウム半導体検出器」‥でか〜い。検出限界の低い高精度な測定が
可能なのだそうだ。これの1時間コースを選択。
そして結果は‥
c0135864_17125437.jpg
ND=不検出でした。ふぅ、よかった。

測定所の方によると、ここ最近何度か都内で穫れた柚子の測定をしたのだが、
だいたい3〜5Bq/Kgが検出されていたとのことで「こんなきれいな柚子は
なかったです」と仰ってくださった。わしわし(笑)食べても大丈夫みたい‥
なので、どなたか柚子欲しい方いらっしゃいませんかー?
皮や果汁を冷凍保存するのはもちろん、それだけじゃとても消費しきれないので
柚子ジャムなどを作ろうかとレシピ研究中のただ今です。

ちなみに『CRMSせたがや市民測定所』の詳細はこちら(*)からどうぞ。
by beads-mici | 2013-12-15 17:30 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(2)

放射線チェッカー

c0135864_1723995.jpg
う‥う〜ん。高くない? こんなもの?
今日の午前中、庭の地表の空間線量は0.11μSv/hだった。地上1㍍でも同じ。

c0135864_17275625.jpgこの “放射線チェッカーG”という製品
ふだん私が「東京にもホットスポット
があるんだよ」「イチエフからは今も
放射性物質が出ているから、風向きに
よっては‥」なんていろいろ心配して
いるので「じゃあ測ってみなさい」と
ツレが買ってきてくれたもの。
γ線が測れる日本製で、測定・探索・
積算の3つのモードを選択できる。
お値段もそこそこ‥らしいのだが、
なんか自信なさげなのよね(笑)。
外箱に赤字で「現在放射線量の測定
値に対する国の基準がございません。
本製品は社内基準に従い測定値の
校正をいたしております。本製品に
より測定する数値はあくまで目安と
してご使用ください。測定場所に
おける放射線量の安全性や危険性の
判定にはご使用しないでください」と書いてあるのだ。んーむ‥。

杉並区では月に1度数カ所で空間線量の測定をしていて、広報にその数値が
載っているのだが、我が家のエリアだとだいたい0.07μSv/hらしい。
ということは誤差の範囲と考えてよいのだろうか。ちなみに家の中、2階の
居間のど真ん中で測ってみると[Lo]=0.05μSv/h以下という表示が出る。
こんなもの‥なのかなぁ。

ところでなぜ今日、庭の線量を測ってみたのかというと‥
c0135864_175924.jpg
これです! 今年は大豊作の柚子。皮や果汁を保存して、ジャムも作って‥と
いきたいところなのだがベクレてないかが心配。そこで市民測定所で測って
もらうことにして、そのデータ取りをしてみたのです。明日測ってもらうので
その詳細はまた後日‥。
by beads-mici | 2013-12-12 18:23 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

チャリティTシャツ販売のお知らせ

『一般社団法人 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と農地の
管理研究会』(詳しくはこちら *)を応援しているKOUTA T Laboからの
お知らせです。

2011.3.11の東日本大震災そして福島第一原発の事故から、まもなく三度めの
冬がやって来ます。深い傷跡が残る被災地、特に放射能に汚染された旧警戒
区域内では、餌や獣医療の確保に腐心しながら残された牛の飼養を続けている
農家があります。
『家畜と農地の管理研究会』はこうした畜産農家12軒(約280頭)と協力し
ながら牛のQOLを向上させ、有用な科学データを集積し、今後の放射能災害の
予防に寄与するべく研究活動に取り組んでいます。
一般の方々からの義捐金を原資としてして発足した研究会では、飼養者の被ばく
低減のための牛の集約施設の設置も目標のひとつとしていますが、そのためにも
さらなるご支援・ご寄附が必要とのこと。そこで、KOUTA T Laboは
『家畜と農地の管理研究会』の研究活動を支援するためのチャリティTシャツを
販売することにいたしました。

c0135864_9172418.jpg
一枚¥3.800(送料込)。


    サ イ ズ 表 * ベースカラーは黒。綿100%(5.6oz)

          身丈  身幅  肩幅  袖丈  在庫 (11/8現在)

    160(XS)   63    46    41    18   9枚

     S      66    49    44    18   19枚

     M     70    52    47    20     8枚

     L      74    55    50    22   品切中


お申し込みは  kouta.t.labo@gmail.com まで

□ ご希望枚数
□ ご希望サイズ
□ 商品の送付先(住所/氏名/電話番号)
□ 連絡先メイルアドレス を明記の上、ご連絡ください。

折り返し振込口座をご案内いたします。

ご入金確認後1週間程度で発送いたします。

c0135864_1013465.jpg*尚、到着時不良品以外の返品は
 お受けできませんのでサイズの
 確認は必ずお願いいたします。

*また、数に限りがありますが、
 受注生産も可能ですのでお問い
 合わせください。

*一枚につき、製造原価を除いた
 ¥1.700が『家畜と農地の管理
 研究会』へ寄附されます。

みなさまがたの温かいご支援をお願い申し上げます。
by beads-mici | 2013-10-29 10:27 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

ハッピーさんの本、そして

読みたかった本が‥
c0135864_10444015.jpg
今朝、届いた。

『福島第一原発収束作業員日記 〜3・11からの700日間〜』(ハッピー 著/
河出書房新社)
『原発事故と科学的方法』(牧野淳一郎 著/岩波書店)
そして、この二冊は原発事故関連だが、昨日別便で『命の格差は止められるか』
(イチロー・カワチ 著/小学館101新書)も届いていた。

ほんとうは、本は本屋さんで買いたいのだが、これら三冊を一軒の書店で入手
できるか?だったので、つい通販で購入してしまったのだ。便利なシステムは
ヒトを堕落させますね(笑)。

ううむ、やはりハッピーさんの本から読むかな‥というか、昨夜『命の格差は
止められるか』を読み始めたのだが、そしてまだ数ページを繰っただけでも
とても興味深いのだが、三冊ならべて手が伸びるのはハッピーさんの本。

原発事故のあとかなり早い時期に、私はツイッターでハッピーさんのつぶやきを
見つけた。そして以後ずっとフォローしている。そのつぶやきを全部チェック
できていたかはわからないので、連続した記録として読むことができるこの本は
とても貴重だと思う。
地下水の流入、溢れる汚染水、排気塔のヒビ、瓦礫撤去に伴う放射性物質の飛散
などなど、1Fの状況はまるで、けっして、どう逆立ちしても楽観視はできない。
かと言って4号機の建屋が今にも崩れ落ちそうだ、という話なども(ん?)と
思わざるを得ない。本の帯にもあるのだが「あの時、何が起きていたのか?」を
もう一度読み込むことによって「今、何が起きているのか?」をシロウトなりに
推測するよすがにこの本はなるに違いないと思うのだ。

c0135864_11294178.jpg
ちなみにこれ ↑ は、私の3.11関連ファイルのお手製表紙‥の一部。
写真は東電提供のものをプリントアウトしたもので、この方がハッピーさんか
どうかはわからないが(笑)怪物と化した1Fに立ち向かう作業員の方たちを
常に意識できるように‥と作ったものだ。

来月からは4号機の使用済み核燃料の取り出しが始まるという。
安倍総理、トップセールスとか言って他国に原発売り込んでいる場合じゃない
でしょう。どうしても売りたいのなら(私は反対ですが‥)1Fをきっちり
きれいに片付け終わってから「万が一ぶっ壊れても、このように完璧に後始末が
できます」と売り込むのが筋でしょう‥とブツクサ考えながら、さて本を開く
ことにいたします。
by beads-mici | 2013-10-28 12:24 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

公開シンポジウム『福島原発警戒区域内に残された牛と農家』

台風が来る前の14日 (土) ‥陽射しも風もまだ夏だった。そんな日に出かけて
行ったのが、みずみずしいイチョウの緑の映りこみも美しい瀟洒な建物。

c0135864_11342584.jpg
東京大学農学部・弥生講堂。‥ん? 東大に足を踏み入れるのって初めてかな?
この日は「一般社団法人 東京電力福島第一原子力発電所の事故に関わる家畜と
農地の管理研究会」(なが〜〜〜い!ので略して「研究会」)が主催する
公開シンポジウム『福島原発警戒区域内に残された牛と農家』が開かれたのだ。

c0135864_11465053.jpg昨年9月に発足した「研究会」には
原発事故により設定された旧警戒
区域内の12軒の農家と、その牛、
約280頭が参加している。
国が出した家畜の安楽死処分に
同意しなかった農家と、獣医師と
して研究者として彼らを支援し、
放射線被曝の影響評価を集積し
世界に発信することによって今後の
放射能災害の被害の予防に役立て
たいという研究者の想いが融合して
始められた活動は、過酷な環境の
整備から始まった。ほぼ1年をかけ
飼養環境を整え、飼料・鉱塩・
獣医療・薬を提供し、個体情報も
整理。この春ごろから健康な牛群を
維持できるようになったという。

シンポジウムは三部構成。第Ⅰ部は南相馬市長の桜井勝延氏が基調講演を行い、
獣医師会前会長 山根義久氏と、岩手大学の岡田啓司先生が「研究会」の活動
報告と今後の方向性をお話しされた。

第Ⅱ部では、飼養環境の整備と平行して行なってきた研究活動の報告。
東北大学の磯貝恵美子先生から、今後の研究のベースとして欠かせない “牛の
生体内放射能汚染分布” について。北里大学の柿崎竹彦先生からは “牛の生体
除染の試み”。これは汚染飼料と清浄飼料を一定期間ずつ与え、清浄飼料に
切り替えてからどのぐらいの期間で放射性セシウムが体内から消失するかを
調べたもので、将来の畜産再開のための貴重なデータとなるものだろう。
東北大学の佐藤衆介先生からは “放牧牛による放射性物質の移動”。放牧しながら
酪農を営む牧場のウシと放牧地の放射性物質汚染の実態調査をふまえ、福島のみ
ならず高齢化・数の減少などが予想される日本の将来の酪農・畜産をも見据えた
提案型の発表がなされた。
c0135864_1592789.jpg
第Ⅲ部はプロジェクトに参加している農家から4軒 5人と、岡田・佐藤両先生に
北里大学の伊藤先生も加わってのパネル討論。
c0135864_1519236.jpg
仮設住宅から毎日数時間をかけて通い、牛の世話をしている農家さんたちの
生の声には牛飼いとしての矜持と、それを一顧だにしない国への強い不信が
満ちていた。先生方へなにか要望は‥という質問にも「いや、よくやってくれて
いると思います。それより国は‥」と、発言の多くがそこには居ない(聴衆の
中に農水省のお役人とかいたのかな‥?)政府、行政の関係者への不満だった。

また、印象的だったのが先生方の視野に “畜産再生” という目標がしっかりと
含まれていると実感したこと。単にデータを集め論文を書くだけではなく、
農家が誇りを持って畜産・酪農を再開できるためになにをするべきなのか、を
常に自問しながら活動なさっている様子に‥別の意味で研究者の矜持を感じた。

今後は飼料の自給(牧草を育てる農地を作るそうだ)や、牛と農家、研究者の
ための集約施設を設置することなどを目標に据え、最終的には公的研究機関の
設置に向けて国に働きかけていくとのこと。
‥どこまで支援ができるだろうかと悩みながらも、私なりにできることを探して
いこうと想った午後のひとときだった。

興味のある方は「家畜と農地の管理研究会」のHP(こちら *)へ、どうぞ。
日々の活動を発信しているフェイスブックへ飛ぶこともできるし、お問い合わせ
フォームもあるので、シンポジウムのプログラムなどが欲しい方は訊いてみると
よいかもしれない。余っていたら多分送ってくれるんじゃないかなー。
by beads-mici | 2013-09-17 17:55 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

帯化?植物

奇妙で、気味の悪い植物をみつけてしまった。植物自体の名前はわからない。
状態は多分「帯化」というもの。
c0135864_18464896.jpg
ピントが来てなくてごめんなさい。夕方、近くをとことこ歩いていてふと上を
見上げると‥なにこれ? で、目いっぱい手を伸ばして背伸びして撮ったもの。
c0135864_1850185.jpg
先端はこんな風 ↑ になっている。そして根元に近い方は
c0135864_18541253.jpg
ぎゃ〜、でしょ。茎が茶色に変色して、芽のようなものがわんさか出ている。

ちなみに本来の姿は、多分これ ↓
c0135864_18572294.jpg
もう一度「帯化」したもの。
c0135864_18594289.jpg
やっぱり、ぎゃ〜〜〜だわ。

細胞分裂が止まらなくなってしまった、みたいな感じだと思うのだけれど、
原因はなんだろう。以前、茎が「帯化」した “たんぽぽ” を取りあげたTVの
番組を観たことがあるが、このときは化学物質が犯人か、という内容だった。
3.11の前で場所は北海道。新築のお家の庭に「帯化」たんぽぽ(花も変形して
咲いていた)がたくさん出現して、建材か塗料に含まれる化学物質のせいでは
ないか、というレポートだった。
が、しかし、今回のお家は古ーいお家。キンモクセイやツツジが鬱蒼と茂り、
この名前のわからないつる性の植物がからみついている。周辺で何軒か家の
新築工事はあったが、ある程度の距離はある。やはり‥放射性物質?と思うのは
過剰反応だろうか。

そういえば我が家の玄関先の “やまぼうし” にも、あれ?という花が咲いたな。
c0135864_1935210.jpg
今年の春、花の盛りに6弁の花をみつけたのだ。
(上の花びらの丸い部分は、多分虫さんが齧ったもの。)
c0135864_19441630.jpg
本来は花弁は4枚なのだ。この6弁花を見た瞬間はやはり(放射性物質?)と
いう思いが頭をよぎった。しかし、数えてはいないが優に100輪以上はある
花の中に、1輪ぐらいは(私のような)おっちょこちょいもいるだろう‥と、
なんとなく納得していたのだが、う〜む。

ちなみに、東京都は杉並区の南の方。区も、任意の組織・団体も、公園などの
空間線量は測っていて、いわゆるホットスポットはない、らしい。しかーし、
もしかすると赤いツブツブの、中でも凶悪なのがいっこ2個落っこちていて
まずは植物らに悪さをしているのかも‥と言いようのない不安にさいなまれる。
こわいよ〜、気持ち悪いよ〜。でも、原発に関して無知で、ずっと放置してきた
自分もまた悪いんだよ〜、と心は千千に乱れるのであります。
by beads-mici | 2013-06-25 19:56 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)

調査報告『チェルノブイリ 被害の全貌』

c0135864_1813143.jpg

入手しました。 Kさま、ありがとう。
これから読みます。
296ページ。‥ゆっくり読みます。

c0135864_18153248.jpg

いつ感想が書けるかな。

‥そして27年後、2040年の福島で、健康な子どもは何%いるのだろうか。
by beads-mici | 2013-06-14 18:21 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)