ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:食べたり・飲んだり( 174 )

絶品うどん

c0135864_15413269.jpg
夏休み‥を9月の最終週!に
ツレがとった。たまたま仕事が
立て込んでいたため、ほとんど
一人で遊んでもらっていたの
だが、どうしてもドライブに
行きたい!茨城に超美味しい
うどんの店があるので行こう
‥と、食べ物で誘ってきた。
実は私、F1だ、自転車ロード
レースだ、とよーいどん&
飛ばし系のスポーツを観るのは
大好きなのだが、実生活では飛ばす車って嫌いなのだ。簡単に言うとこわがり
‥なんですね。特にある程度性格のわかっているツレだと(あ、今イラっとした)
とか(退屈そう‥眠いのかな)なんていちいち気になって困るのだ。しか〜し、
行ってよかった、美味しかった!
c0135864_1654639.jpg
茨城県は常陸太田市。ひなびた
小さな街の、もとは銀行だった
というクラシカルな建物を利用
した「慈久庵鯨荘 塩町館」
c0135864_1610228.jpgc0135864_16102375.jpg“きぬの波”という品種の小麦を
手刈りし、天日で干し、石臼で
碾く。フスマや胚芽の部分も
含まれるその自家製の粉を
手打ちした細打ちのうどん。
いや〜、こんなに美味しい
うどんは今まで食べたことが
ありませんでした。

助手席の特権で、昼ビールも
楽しませていただきました。
わさびの花のおひたし、
写真はないが刺身こんにゃく、
地ねぎの天ぷらなど、どれも
美味。特に地ねぎの天ぷらは
ふんわりシャキシャキの塩梅が
すばらしく、思わずおかわり‥
をしそうになったが、なんとか
踏みとどまる(笑)
そのかわりに、もともとは
そばの店でもある「慈久庵」
だから、鴨汁せいろを追加。
こちらも温かい鴨汁に細打ちの
そばがからんで、ダイナミック
かつ繊細な味に大満足。
ただひとつだけ残念だったのは
生ビールの味が‥。少々酸味を
感じさせるもので、多分あまり
注文がないからなのだろうが、
もったいないことだー。

c0135864_16545840.jpg←こちらが鴨汁せいろそば
c0135864_1659588.jpg
                                                                                                                    店内はこんな感じ↓













それにしても常陸太田市は、なんともクラシックな雰囲気の街。「塩町館」は
明治20年に建てられた旧太田銀行の建物だそうだが、明治だか大正、昭和だか‥
わからないけれど古い建物がたくさんある。ここはお土産のちまきを買った店。
c0135864_1791523.jpg

c0135864_17144377.jpgc0135864_17145691.jpgこちらはナゾの店。店内には
大きな旗がかけてあったが
何を売って(あるいは買って)
いるのだろうか‥。

ともあれ、夏休みにふさわしく
30℃を超える気温のなか、
腹ごなしに街を散策してから
水戸(納豆をいっぱい購入)を
経由して那珂湊へ。魚市場で
数点買い物をして、ようやく
帰途についたのだった。
沈む夕日に向かって高速を
飛ばし(こわいよ〜)途中の
渋滞ではカーナビの言うことを
きかず(笑)一般道を走って、
無事帰宅いたしました。
ばんざい!夏休み!
ばんざい!絶品うどんなり〜。
by beads-mici | 2007-09-29 17:38 | 食べたり・飲んだり | Trackback | Comments(4)

お寿司で、しあわせ!

c0135864_12133411.jpg

Beads & my favour のタイトルで、ビーズのあれこれを綴りたい‥と思って
いたのに、なんだか&以下の飲み食いの話ばかりになっている(笑)
昨夜はお寿司。「ほ志の」という超美味な魚・肴・酒を愉しめる店だ。
粋なHPがあるので、くわしくはそちらを‥。
写真は、宴もたけなわ(笑)でいただいたいくらと干瓢巻き。上質の干瓢を
こっくり炊いて、それにぴりっとワサビをきかせた干瓢巻きは酒の肴にも◎。
ほかにも穴子やこはだ、まぐろのづけなど、いわゆる「仕事」が必要なネタの
美味しさは特筆すべきものがある。もちろん魚もすばらしい。
昨夜は、アジが絶品だった。初めて食べた「のもんアジ」。長崎の野母崎町
樺島沖で一本釣りされるものだそうで、出荷される絶対量が少ないので
なかなかお目にかかれないアジなのである。
そこらへんの「なんちゃって関アジ」など足もとにも及ばない、繊細でしかも
すっきりとした味わい。食べものの味を表現するのってとてもむずかしい
のだが、このアジの刺身を口にした瞬間、実は魚ではなく
ものすごくエレガントなお菓子を味わっているような気分になった。
‥って、わかっていただけるだろうか?

「ほ志の」は、実は私が応援している自転車ロードレースの選手、
NIPPO・梅丹・Equipe Asadaの宮澤崇史選手(彼のお気に入りは穴子、
とのこと)と知りあった店でもあるのだ。今年の全日本3位の選手ですぞ。
ちなみにその時は、全日本チャンピオンの新城幸也選手も一緒でした。
宮澤選手は多分明日、アジア選手権を走るはずなので、がんばれ〜!
by beads-mici | 2007-09-09 14:00 | 食べたり・飲んだり | Trackback | Comments(0)

イタリアのビール

c0135864_0242252.jpg

正式な名称は?なれどいつも「モレッティくださーい」と言っているので
多分「モレッティ」。イタリアのちびビールです。いやいや画像を見ると
ラベルが「ビッラ モレッティ」と読めるので‥正しいな。
画像うんぬんというのは、この写真は携帯で撮ったもので、本日初めて
「携帯投稿」なるものをしてみました。日々進歩のワタクシであります。
なかなかきれいだね〜。
このビールをいただけるのは、我がセカンドキッチン‥というより
ファーストキッチンというべきイタリア料理店。今夜も友人とステキな
ひとときを過ごしたのだ! ほんとうは美味なる料理の写真を撮ろうと
思っていたのに、あまりの美味しさに即ぱくぱく‥。話もはずんで
はっと気がついたときは「モレッティ」の空き瓶しかテーブルに残って
いなかった‥という次第(笑)。
いずれまた食欲そそるお皿の数々を紹介します。

実はあまり紹介したくないのだけれど(とてもちっちゃいお店だから)
場所は井の頭線某駅のすくそば。正式な店名は漢字なのだが、
私たちは「ヴィノテーク」と呼んでいる。素材の味わいをダイナミックに
楽しむイタリアンの手法に、フレンチで修行したシェフの作るソースが
深みと繊細さをそえる、という、うん、まずは食べてみて!という味。
しかもお箸もある、というカジュアルなたたずまいが、ついつい通って
しまう魅力なのだ。TELは03-5370-9117 あとは自分で調べてね。
あ、予約はしたほうがよいですよ。
ちなみに今夜のいち押しはムール貝のワイン蒸し‥でしたが、
なすとミートソースのチーズ焼きも、よくあるどったりとした
グラタン風とはまるで違う、軽やかで風味豊かな味わいでした。
by beads-mici | 2007-09-08 00:24 | 食べたり・飲んだり | Trackback | Comments(4)

葡萄 Ⅱ

‥というわけで、さっそく昨日、葡萄を一房購入。
c0135864_1063266.jpg
種無しのピオネー。
ほんとうはこの3倍ぐらいは
あったのだが、昨夜誘惑に
勝てずスバヤク食してしまい、
なんだか寂しいので
お気に入りのアンティーク
グラスと一緒に撮影。

たしかに甘い。しっかり甘い。
私の好みから言うと
少々甘すぎる。‥というか
甘みが勝ちすぎていて酸味はもちろんだが、香りまで押しやられているような
味わいだった。何事もバランスが肝心なのであ〜る(笑)。

一緒に葡萄をつまんでいたツレも同じように感じたのか
「赤ワインが飲みたくなったよ」‥赤の在庫はなかったけれど、まるでこの状況を
予知していたかのように(大袈裟!)白ワインのハーフボトルが冷えていまして‥
『カッシェロ・デル・ディアブロ シャルドネ』そこらへんのスーパーでも
売っているチリのワインだが、フルーティな香りが「あまあま」の葡萄と
からみあって美味でした。
グラッパでもよかったかな‥なんて、朝っぱらから食後酒のことを考えてますね。
ただ今は在庫切れなれど、いずれ好きなグラッパやリキュール類もご紹介‥
を口実に、リカーショップ探索にまた行こう。
by beads-mici | 2007-09-06 10:43 | 食べたり・飲んだり | Trackback | Comments(2)