ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:薔薇と植物( 140 )

薔薇:ロココとバタースコッチ

時間に余裕のあるときだって他のことに気をとられていたりすると、ついつい
更新を怠ってしまう拙ブログ。今日から3日間は例の‥会議室に缶詰という
ルーティンの仕事で、ほとんど時間が取れない予感。‥なので、美しい薔薇の
組みあわせでお許し(?)いただこうという作戦なり〜。

キャラメル色の “バタースコッチ” と 華やかな “ロココ”
c0135864_7193493.jpg

by beads-mici | 2012-05-30 07:34 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

薔薇:グラミス・キャッスルとセント・セシリア

今日は10年選手のイングリッシュローズを2種、ご紹介。

“グラミス・キャッスル”
c0135864_1614984.jpg

実はこれ‥昨年撮った写真。先日紹介した “メアリー・マグダリン” の隣に
あるのだが、非常によく似た花を咲かせるので、間違えてメアリーちゃんの
写真ばかり撮っていたのだ。葉っぱはかなり違うのに花は色がこちらの方が
白っぽいだけで、ほんとうに似ている。

“セント・セシリア”
c0135864_1685878.jpg

愛称「おまんじゅうちゃん」。花形にはさまざまな呼び方があるが、カップ咲き
という名前まんまの姿。そして、すばらしい香りがする薔薇。
花壇のど真ん中でかなり大きくなってしまったので、昨冬後ろ側に移植した。
根を切ったりして大丈夫だったかしら‥と心配していたが、全然平気、元気だ。
この1本があるだけで、庭中が馥郁たる香りに包まれるしあわせ色の薔薇。
by beads-mici | 2012-05-26 16:17 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

薔薇:サムライ

どうしたの? というぐらいひんやり寒い今日。
アクセサリーの新しい手法、というか素材の研究で、革細工にトライしている。
飾りのパーツを木槌でとんとんかんかん叩いて付けていたら、隣棟から母が
「なに、大工仕事しているの?」だって(笑) すみません、うるさいねー。

アクセサリー作りも原稿書きも基本的には座業。夢中になって、あるいは
〆切りに追われて(笑)座り続けていると、肩やら腰やらが固まっていろいろ
タイヘンなことになるので、なるべくちょこちょこ立って動くことにしている
のだが、今日は雨‥。庭で薔薇の世話などをして関節をほぐすこともできず、
つまんな〜い。せめて写真を。

c0135864_1740413.jpg

“サムライ” 。数年前、神代植物公園に薔薇を観に行って、きれいだったので
購入した株。赤い花って薔薇に限らず、どうも上手に写真に撮れない。
‥というわけで数で勝負(笑)。
by beads-mici | 2012-05-22 17:47 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

薔薇:メアリー・マグダリン

我が家の庭は、父が手がけていた “ジャパニーズ・ナチュラルガーデン” と
私が流行に飛びついて(笑)はじめた薔薇の花壇で二分された、へんてこな
構成になっている。
昨年父が亡くなり、和風の部分はまだ全体を把握しきれていないので(春になり
さまざまな草木が茂ってきて、これなんだ? の連続なり‥)おいおい手を
入れるとして、薔薇の花壇は昨冬ちょっとデザインを変えた。

c0135864_11274267.jpgデザイン変え‥移植などが
たいへんでした〜‥に伴って
新しい品種を5種ほど導入。
1つは伸びすぎてしまった
つる薔薇の足元を埋めるべく
フェンスの足元に植えた。
そして残り4種を花壇に配し
たのだが、これってある意味
賭けなのである。‥つまり、
薔薇の樹高や樹形はだいたい
このぐらい、とカタログには
あるが、実際に育ててみると
必ずしもその通りになるとは
限らないのだ。とりあえず
スペックを信じて植えたの
だが、初年から咲いたのは
この1種だけだった。

c0135864_1152565.jpg

“メアリー・マグダリン” アプリコットカラーが美しいイングリッシュローズ。
あまり背が高くならない横張りの樹形になるとのことで、花壇の手前に植えたが
今のところスペックどおりで◎である。
気温が上がると花色が白っぽくなる(らしい)面白い性質を持っていて、今は
全体がもっと白いトーンで、しかし元気よくたくさんの花をつけてくれている。
うれしいな‥。

ちなみに花壇に植えた分で、この春咲く気のない(笑)怠け者は “アブラハム・
ダービー” と “ジュード・ジ・オブスキュア” 。ともに名前がカッコいい。
来春は(あるいはこの秋は)華麗なる花をたくさんつけてほしいものデス。
by beads-mici | 2012-05-20 12:05 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

薔薇:ニューウェーブ

ひさしぶり(でもないかしら‥)に薔薇のはなしを。今、フェンスのつる薔薇が
真っ盛り。さらに庭の薔薇たちも咲きはじめているので、順番にご紹介しよう。

今年あたらしくやってきたのが ↓ こちら‥ “ニューウェーブ”
c0135864_14482055.jpg

別名を “フォルム” ともいうそうだが、2000年に日本で作出されたとのこと。
いわゆるモダンローズの系統らしいが、どことなくイングリッシュローズの
雰囲気がある。ネットで写真を見て(欲しいな‥)と思っていたら、幼なじみが
やっている園芸店の雨ざらしの棚に‥実に無造作に、置いてあった。即ゲット!

c0135864_14592635.jpg

“ウェーブ” というのははなびらのひらひらを表した命名なのだろうか‥。
フリルのような繊細なデザインが、とても美しい。薄い花びらの枚数はかなり
あるみたいだから、もっと開いたらまた表情を変えるかもしれない。‥愉しみ。
淡い紫の色調もエレガントだし、かなり気に入った新顔さんである。

次回も今年あたらしく導入した種類をご紹介‥の予定です。
by beads-mici | 2012-05-19 15:06 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

つる薔薇の応急手当

馬鹿ですねー。使用前‥ならぬ作業前、の写真を撮っておかなければ、孤軍奮闘
悪戦苦闘の顛末をみなさまに知っていただくことができなかったのに‥忘れてた。

いや‥一昨日の大風で折れ曲がってしまったつる薔薇の支柱を、昨日ひとりで
直したのだ。茨城や栃木でお家が全壊なさったような方々には心からお見舞いを
申し上げるが、我が家でも微細ながら被害が‥。
c0135864_143413.jpg
写真中央でちょっと傾いているグリーンの支柱。これが一瞬の突風の力で
ほぼ90度曲がってしまったのだ。アーチを描いている枝のかたまりも、左手の
塀の上に乗っかるように、ぐしゃぐしゃっと積み上がったみたいな状態に‥。
薔薇は “ゴールド・バニー” という種類で、ちょっと専門的になるがシュートが
出にくく、古い枝が木質化して太く高くなるタイプ。風にそよぐのではなく
ばん!とぶつかってしまったのだな。かなりの枝が折れたり裂けたりして、
1/3ほどを泣く泣く切り落とした。その蕾たちが‥ ↓
c0135864_14193186.jpg
この3倍ぐらい、数にすれば4〜50輪はあると思う。小さな花瓶やコップに
みっしりと刺して、せっせと水を換えているのだが‥。もう少しほころびかけて
からならきれいに咲いてくれるのだが、どうかなぁ。

そして本体の木の方も形がずいぶんいびつになってしまったので、一番花が
終わったら刈り込んで、支柱も換えるなどしなくては‥。むう‥仕事が増えたぞ。
まあ、ちょっと高さを抑えないと手に負えなくなるのは目に見えていたので、
よい?きっかけと思ってがんばろう!

‥その前に、きれいに咲いたら写真載せますね。
by beads-mici | 2012-05-08 14:31 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

御衣黄桜 2012

c0135864_12182357.jpg
今年も咲いた。

今年はこんな説明ボードが樹のそばに吊るされていた。
c0135864_12192679.jpg
‥だそうです。

c0135864_12203643.jpg
きれい〜。
by beads-mici | 2012-04-21 12:22 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

桜の風景・2012

TOKYOの今日は、花散らしの雨‥。今のところ風はあまり強くないが、明日まで
保つのかしら。朝からずっとビーズの作業で目が疲れたので、この春の桜を‥。

c0135864_1551354.jpg

c0135864_1554434.jpg

c0135864_1584628.jpg

c0135864_15101655.jpg

c0135864_1512025.jpg

c0135864_15121928.jpg

c0135864_15125974.jpg

明日、晴れて、川沿いの小径が桜色のトンネルになっていると、いいな‥。
by beads-mici | 2012-04-11 15:18 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

この花、な〜に?

あっちでもこっちでも『大桜祭り』展開中だから、天の邪鬼の私としては‥

この花、な〜に?
c0135864_20263020.jpg

名前がわからないのだ。

これはちっちゃめだが、もっとしゃらしゃらっと長く下がるデザインのもあり、
舞妓さんのかんざしみたいに‥きれい。そう「デザイン」って言いたくなる
作りこまれた感のある造形。桜と、ほぼ一緒のタームで咲いている。

『大桜祭り』の写真は今日も歩きながらいっぱい撮ったので、次の雨の日にでも
アップしてみましょう‥かね。
by beads-mici | 2012-04-09 20:39 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)

知らぬが仏(笑)

タイトルの言葉の持つニュアンスとは微妙に違うのだが「しーらなかった!」と
いうのは、事実。どうやら “お宝” が庭に落っこちていた‥らしい。

小・中学校の同級生が園芸店を営んでいて、最近よくお花を買いに行く。
そしてたとえば「日陰に植えるのはどれがいい?」とか「玄関周りに背の高い
葉ものを置きたいが、どうせなら自分で育てたいので早く大きくなる種類が
欲しい」などさまざまな相談に乗ってもらっている。そんな中「手入れの仕方が
わからない盆栽‥だと思う‥の鉢が数鉢あるんだけれどどうしたらいい?」と
訊いたら、週に一度手伝いにくる職人さんが盆栽のプロだから診てもらえば?と
いうことになった。
春になったら植え替えするのがよいでしょう、とのことで、昨日預かりに来て
くれて曰く「木そのものはたいしたことありませんが(‥でしょうね、ロクに
手入れしていないのだから)鉢がね、これすごい骨董品ですよ」だって。
あーら‥びっくり。今回は3鉢を預けたのだが、そのうち2個は中国の骨董、
もうひとつは国産だが大正か昭和初期のものでしょうとのこと。
「鉢の方が格上。木とのバランスが悪いのでふつうの鉢に植え替えますから、
これらの鉢はきれいにして持っていればよいのでは?」と言われてしまった。
へえ〜、であります。他にも数鉢、盆栽鉢らしきものが庭にころがっていて
たとえばすみれを一時的に植えたりしていたのだが「す、すみれですか?」と
ほとんど呆れられてしまった。  *たとえばこんなの ↓ を植えてました。
c0135864_1052980.jpg

昨日はもう暮れてからだったので「今度、明るい時間に見に来ていいですか?」
どーぞどーぞ。いろいろ物色して鑑定してください(笑)。
先程ネットで “盆栽図鑑” などをちょっと見てみたら、確かに‥ン万円からさらに
0いっこ多いものまで、びっくり価格の鉢が載っていた。まあ、ン十万円的なのは
さすがにないだろうが『知らぬが仏』あるいは『宝の持ち腐れ』だったのねー。

ちなみにこれらの盆栽&鉢は、祖父の家から来たもの。昭和のはじめごろから
青山に屋敷‥というのは大袈裟だが‥一軒家を構え、瀟洒な日本庭園を作って‥
こちらも正確にいえば職人さんに作らせて‥いたそうだ。
祖父は早くに亡くなってしまったので、両親もこうした盆栽の由来などは訊いて
いなかったのかもしれないなぁ。いずれにしても庭に落っこちていた “お宝”。
母とも相談して、有効に活用する方法を考えようと思う。
by beads-mici | 2012-04-03 11:24 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)