ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


インターナショナル・ファッション・フェア

前日の夕方、フェンスのつる薔薇の手入れをしたとき、うっかりしていて
強烈な夕陽をたーっぷりと浴びてしまい少々グロッキー気味ではあったが、
今日が最終日なので取材に行かねば‥と、昨日東京ビックサイトに行ってきた。
(前日だ今日だとごちゃごちゃしてるが‥要するに昨日の話です、笑)

海外からのブランドも含め800社余りが出展している “インターナショナル・
ファッション・フェア”。応援しているブランド “ESSERE” は、今回も
クリエーターズビレッジに出展している。デザイナーと一緒に、まずは
近くのレストランで腹ごしらえ(笑)してから会場に入った。

c0135864_1015514.jpg“ESSERE”はイタリアのブランドらしい
シックでいて華やかな色遣いと、大胆な
素材の組み合わせが特徴。たとえば
こんな感じ‥ ↓ きれいだな〜。
c0135864_10271335.jpg
お薦めは? と訊ねたら、一押しはこのあたりだそうだ。

c0135864_10361231.jpgc0135864_10364284.jpg造形の大胆さもさることながら、やっぱり色彩がキレイ。この色遣いのベースに
なっているのは、もしやイタリアの空気なのかな‥。空の色、街の色、風の色。
好きな色遣いで作るとなぜか渋々〜になってしまう自分の作品とくらべて、
この華やかさは魅力的だ。ちなみに右の四角いブローチ、オーダーしちゃった。
イタリアに住むことはかなわねど、もっといろいろなモノを見て感覚を磨こう、
なーんて思いながら他のブースを廻ることにした‥って、こじつけ?(笑)

なにしろすごい数のブースだから間をジグザグに歩き、気になったところは
立ち止まる、という駆け足取材で、実に大雑把な印象ではあるが‥ウェアでは
テクスチャーにこだわったブランドが多かったかな。世界的なエコブームの
影響なのだろうか、素朴さ、手作り感が強調される昨今のようだ。
バッグや靴などの小物ではストリート系と称される(もらった資料にそう表現
されていた)カジュアルで若い感覚のものが、断然おもしろい。
逆に大人向け(?)のものは、特にバッグがもっさりとした印象。秋冬らしい
ダークな色調も、なんとなくくすんで見えてしまうのはデザインのせいか、
色や素材遣いのせいか‥。
そしてやはり、クリエーターズビレッジに出展しているブランドたちが、
元気がいい。もちろん実際の商売で通用するのかというバイヤーさんたちの
視点とは異なる見方だから、なんとも言えないのだが‥。その元気、個性を
保ちながら洗練されていくブランドが、多分残っていくのだろう。
by beads-mici | 2008-07-19 12:09 | ビーズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/9250522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 背がのびた〜 七夜月の夜は更けて‥ >>