ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


写真展『涙を力に〜命の数だけ答えがある〜』

昨日は、東大・農学部で開かれたシンポジウムのお手伝い&聴講をしてきた。
c0135864_16331177.jpg
東日本大震災・福島原発事故から今年で5年。数字のマジック?でなんとなく
ひと区切り‥という気分になりがちだが、解決されていないことは多々ある。
津波の被災地では多くの地域において街の再生や暮らしの再建はまだ途上だし、
原発事故では原因も被害の実態も未だに全容はわからず、生活や環境への影響も
明確にはされていない。そんな折、ずっと応援している『原発事故被災動物と
環境研究会』がシンポジウムを共催し(主催は『動物愛護社会化推進協会』)
写真展を開くというので、その設営&撤収のお手伝いに行ったのだ。

写真展のお手伝いは過去に何度もしているが、いつもぶっつけ本番。今回も
事前にわかっていたのは大学がボードを貸してくれる、ということだけ。
開場の2時間前に集合して、シンポジウムに登壇する教授の先生方や個人的に
取材に来ていたカメラマン(小学生ぐらいの息子さんと一緒だった。彼には
よい経験になったんじゃないかな‥)そしてコーディネイターをしている友人と
怒濤の設営。私が写真パネルの梱包を解いている傍らを、教授さまがボードを
載せたカートを押して走る! 用意したピンが大きいパネルの重さに耐えられ
ないというトラブルはあったが、先生方がありあわせの紐を使って解決して
くださり(さすが研究者、使えるものはなんでも使うのだ)解決。

で‥‥じゃん!(一部に紐が見えます‥笑)
c0135864_17415925.jpg

じゃん、じゃ〜ん!
c0135864_17422740.jpg
ガラス張りのロビーなので、福島の緑と東京の緑が繋がっているような雰囲気。
たくさんの来場者に観ていただけました。

その後、シンポジウムをちゃっかりと聴講させてもらったのだが、今回は内容が
幅広くそれぞれに興味深かった。
山階鳥類研究所や東北大学の研究者から、放射線がツバメの巣やヤマメに与える
影響の報告(いくつかの媒体で既に報道されているみたい。)
福島県動物救護本部で犬や猫の保護にあたった獣医師からは、当時のペットの
状況などと今後への課題、提案。
また、元NYタイムズ東京支局長のジャーナリストM・ファクラー氏が登壇し、
復興の阻害要因はお金や技術の不足というより、とにかく正確な情報が足りない
ことだ、と強調されていたのが印象に残った。

『研究会』がシンポジウムに寄せたコメントの中に「原発事故の記憶の風化が
急速に進む一方で‥(略)‥いま何が起こっているのか、何が起こっていない
のか、科学に裏打ちされた情報を社会に発信していくことが私たち研究会の
役割だと考えています。」とあるが、ほんとうにそう思う。アンテナの感度は
常に高く、発信できることは丁寧に、と改めて感じた昨日であった。
こうした写真展をあちこちでちょこちょこ開けるとよいのだが‥どうするかなー。

というわけで(写真展とは関係ないのだが‥)チャリティのご案内は(多分)
明日アップしますので、みてね!

by beads-mici | 2016-02-12 18:37 | 3.11~ 震災そして原発のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/25292047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< チャリティTシャツを販売してお... セーターは編むものではなく‥ >>