ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『華麗なるジャポニスム展』を観て、想ったこと。

うわうわ‥10月ももう半分ちかくが過ぎてしまった。二週続けての台風直撃で
被害を受けたみなさまにはお見舞い申し上げます。我が家はその都度、薔薇の
支柱を補強したり、庭にある脚立や植木鉢などを仕舞ったりとそれなりに対策を
していたのだが、昨夜の大風でゴミ箱の蓋がいっこ、行方不明になった。
どーこに吹っ飛んでいってしまったのだろう‥。
そしてこの台風騒ぎは、景気が回復しない言い訳にまた使われるのだろうな。
もちろん関西ではJRが早々と運休を決めたり、デパートが早仕舞いをしたりと
連休の賑わいに水をさしたことは事実だが、でも天候不順は景気 ↓ の要因の
ひとつではあるが、主たる原因ではないだろう。要するに政策が‥と、おっと‥
今日はそんなことを書きたいのではなかった。

c0135864_16484248.jpg
ほぼ一ヶ月前の砧公園。やはり数日雨が続いたあとだった。深い緑が美しい。
‥今は紅葉がきれいなんだろうな。

c0135864_16513679.jpg『ボストン美術館 華麗なる
ジャポニスム展』を観に行ったのだ。

展覧会のサブタイトルに「印象派を
魅了した日本の美」とあるように、
19世紀後半から20世紀初頭にかけて
欧米に浮世絵や掛け軸、陶磁器や金
細工などの美術工芸品、そして扇子や
団扇、簪などの日用品までが流れこみ
その独特の構図と色遣い、装飾模様が
西洋の芸術家たちの美意識に変革を
もたらした‥のだそうだ。
ボストン美術館所蔵のモネ、マネ、
ドガ、ロートレック、ゴッホなどの
作品と、そのインスピレーションの
源となった浮世絵などを対比させての
展示は、なかなかに興味深かった。


実はすぐにレポートを書かなかったのは、そのとき(今読んでいる本とからめて
なにか書けないかな)と思ったためで、小一月うにゃうにゃ考えていたのだが、
結局上手につなげられないみたいだ(笑)。なにを読んでいたのかというと‥
平川克美氏の『グローバリズムという病』(東洋経済新報社)。
ちょうど第2章の冒頭 “「グローバル人材」と「ダイバーシティ」の流行” と
いう小見出しのついたパートの一節を読んで(そーだそーだ)と思っていた
ところだったので‥ちょっと長くなるが引用してみようか。

 〜そもそも、金太郎飴のような同じ顔をした、世界のどこでも通用するグロー
 バル人材なるものと、環境適応のための生物の棲み分けをあらわす多様性とい
 うものが同じ企業社会で要請されていること自体、これらの言葉がただの流行
 の現象であることを明かしているようなものだ。グローバルと多様性は、ほと
 んど反対概念といってもいいほど隔たった考え方なのだ。グローバリズムは、
 国家間の障壁をなくす方向に動いている。一方、国民国家とは、発展段階、地
 勢、文化、伝統などそれぞれの違いを認め合い、尊重し合うという地域間の合
 意から生まれた。〜

日本が国を閉じていたあいだに培われた独特の美意識が、西洋の芸術家に衝撃を
与えたという事実。少し前にレポした明治期の超絶技巧工芸品 こちら(*)
また、欧米のコレクターによって収集され、さまざまに影響を与えたという。

もちろん、逆もある。たとえば私の場合。ジュエリーに興味があるからさまざま
な展覧会(や海外の美術館も時には)を観に行って、びっくりして、しかし
どうしても肌に合わないのが “遺髪” を使った喪に服するためのジュエリー。
初めて観たときはぞぞっとしたし、確かにきれいだし、故人を身近に感じて
いたいという感性もわかるけれど、なんかね〜。

それはともかく、そうした文化や伝統に根ざした美意識を大切にしたいと想って
みると、たとえばファストファッションなんて全然魅力を感じない。
「グローバル化しようぜ!」の掛け声のもと日本をミニアメリカ(=金太郎飴)
みたいにして何が面白いのだろう‥ね。

c0135864_18581476.jpg
これは『ジャポニスム展』のグッズになっていたぽち袋。もとはベルギーの
出版社が企画したポストカードだそうで、ジルベール・コンバズという人の
版画(かな?)。「四大元素」というタイトルで、蝶=空気、波=水、鯉=水、
花と富士山=火なのだそうで、三つしかないよ‥というのは置いといて(笑)
カッコいいじゃないか。
今、ランドセルが欧米で流行っているとのことだ。これだって日本の文化伝統を
お洒落な大人がファッションアイテムとして注目しているわけで、成熟した
(しつつある?)我々の社会‥文化も経済も‥をもっと大切に、慈しんで育てて
行くべきではないかなー、と想ったのであります。

うーむ、やっぱり前出の本とは上手につながらないが、第7章 “グローバリスト
が振りまく恫喝的言説” という小見出しのあるパートの一文‥読んで思わず
吹き出してしまった‥を紹介しておこう。お薦めの本ですよー。

 〜こういう、風が吹けば桶屋が儲かるみたいな恫喝的言説は、一見合理的に聞
 こえるのだが、仔細に検討してみると、ずいぶん怪しげなもので、風が吹いて
 桶屋まで吹き飛ばしてしまったみたいなことにならなければいいと思う。〜
by beads-mici | 2014-10-14 19:40 | 日々のこと | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/22799788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-10-15 12:27
タイトル : 印象派の誕生発展と同時代の画家たちの魅力
オルセー美術館展 Orsay Museum Exhibition  「印象派の殿堂」として知られるパリ・オルセー美術館から、84点の絵画が来日ました。今回のテーマは「印象派の誕生」。1874年の第1回印象派展開催から140年 ― パリの美術界を震撼させた「新しい絵画」の誕生の衝撃を、オルセー美術館所有の名画によって回顧する美術展です。  マネに始まり、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら印象派、後期印象派を牽引した画家たちの作品だけでなく、同時代のコローやミレー、クールらのレアリスムから、...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2014-10-18 03:46
タイトル : 日本趣味。西洋人をとらえた魅力とその盛衰
ジャポニスム Japonism  東京の世田谷美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展~印象派を魅了した日本の美」と題した美術展が水彩されました。この美術展は9月30日~11月30日まで京都市美術館、1月2日~5月10日まで名古屋ボスト受術美術館を巡回する予定になっています。この機会にジャポニスムのどこが西洋人を魅了し、とのにように西洋美術に影響を与えたのかを整理してみました。 Parisians saw their first formal exhibition of Japa...... more
<< やわかい‥? 女子会。ひさびさの‥ >>