ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『ブルーノ・ムナーリのファンタジア』展

春一番が吹いた昨日、東京でもかなりの風で電車が止まったりしたらしいのだが
私が居たのは‥
c0135864_14323420.jpg
駅前から車で25分ほどうねうねと山を登ったところにある “クレマチスの丘”。

c0135864_14585259.jpg午後の間中、雨が降り、ときおり傘が
飛ばされそうになるぐらいの強い風が
吹いて‥寒かった〜。

← この『ブルーノ・ムナーリのファン
タジア〜創造力ってなんだろう〜』を
観に行ったのだ。
ブルーノ・ムナーリは20世紀を生きた
作家で、絵画、彫刻、絵本や子どもの
ための遊具、グラフィックデザイン、
プロダクトデザインなど幅広い分野で
数々の作品を生みだしてきた。
ユニークな発想、ウイットに富んだ
表現で常に人々を驚かせ、また息子の
5歳の誕生日に絵本を制作してからは
子どもの感性をより豊かにするための
美術教育のプログラムを発案しワーク
ショップも行ってきたという。

展示作品の撮影は禁止されていたので、写真で紹介できないのが残念なのだが、
タイトルだけでも実に独創的。私が気に入った彫刻作品はたとえば「旅行の
ための彫刻」や「役に立たない機械」。グラフィックアートでは「未知の国の
読めない文字」や「ゼログラフィーア」。このゼログラフィーアというのは
コピー機の “ゼロックス” と “グラフィーア” を組み合わせたムナーリの造語で
コピーの途中で作品を動かすことで、イメージを複製するためのコピー機をただ
ひとつのオリジナル作品を生み出す機械へ変えるというすごい発想から生まれた
作品群だった。観てみたーい、という方は会期は25日までなので急げ!

c0135864_15463317.jpgちなみにこの展覧会を教えて
くださったのは日本ブルーノ・
ムナーリ協会代表の岩崎 清氏。
(招待券もいただいてしまい‥
 ありがとうございました。)
23日には「木をつくろう」と
いうワークショップを開催され
るということだが、うーん、
定員30名だからもういっぱい
かな? でも「ファンタジアの
部屋」というコーナーでは、
ムナーリの本を実際に手に
取ってみることができるし、
〜ちなみに私が一番気に入った
のは「本に出会う前の本」と
いう絵本(というのかな?)
すごーく欲しい!〜視覚障害の
ある子どものための作品に
実際に触ってみることもできる
などワクワクする空間もある。

c0135864_16314291.jpg
紹介が前後してしまったが ↑ ここが展覧会の開かれている「ヴァンジ彫刻庭園
美術館」の建物(の入口)。寒そうでしょー。
“クレマチスの丘” は、他にも「ベルナール・ビュフェ美術館」「井上靖文学館」
「IZU PHOTO MUSEUM」が点在し、さらに日本料理やイタリアンなどの
レストランやカフェ、ミュージアムショップ、なぜか花屋さん(浮かれて鉢植え
など買ってしまったら持ち帰るのが大変そう‥笑)などもある複合文化施設だ。
次は晴れて暖かいときに来て、庭園にある彫刻をゆっくり観ながらあちこち散策
してみたいな‥。さらに、三島の街と、美味しくいただいたお昼の話も書きたい
けれど、長くなるので‥今度ね。
by beads-mici | 2014-03-19 16:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/21854729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 三島という(小さな)街と、うなぎ 2014.3.11 >>