ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「ツワネ原則」を知っていますか?

みなさんは「ツワネ原則」をご存知だろうか。
「特定秘密保護法案」に関連して時おり新聞などで触れられているので、
調べてみた。いろいろなサイトで紹介されていて全文が掲載されているものも
あったが、わかりやすかったのがこちら(*)や、こちら(*)。〈これから
書くものもこのふたつを参照/引用している。〉

「ツワネ原則」の正式名称は「国家安全保障と情報への権利に関する国際原則」
Open Society Justice Initiative の企画により起草された国際的なガイドライン
で、政府による秘密保持の適正な限度や、それらの情報へアクセスする際に
保証されなければならない知る権利や人権についてまとめられている。
今年2013年6月12日に南アフリカのツワネで開かれた会合で完結したことから
「ツワネ原則」と呼ばれるようになったが、国連や欧州安全保障協力機構など
国際機関の関係者や安全保障、人権、法律など、70カ国以上にわたる国の
500人以上の専門家が参加し、2年間14回の会議を経てまとめられたものだ。

50の原則からなり、うち15項目は特に重要視すべきとされている。
少し長くなるが15項目の要約をあげておく。

01:国民には政府の情報を知る権利がある。

02:知る権利への制限の必要性を証明するのは政府の責務である。

03:政府は防衛計画、兵器開発、諜報機関によって使われる情報源など狭義の
  分野で合法的に情報を制限することができる。また、国家安全保障に
  関連する事柄について外国政府から提供された機密情報も制限することが
  できる。

04:しかし、政府は人権、人道に反する情報は制限してはならない。これは、
  現政権より前の政権下における違反行為、また自らの関係者あるいは他者に
  より行なわれた違反行為についても当てはまる。

05:国民は監視システム、そしてそれらを許可する手続きについて知る権利が
  ある。

06:安全保障の部門や諜報機関を含め、いかなる政府機関も情報公開の必要性
  から免除されない。国民には安全保障部門の機関の存在について知る権利が
  あり、それらの機関を統治するための法律や規則、予算についての情報も
  知る権利がある。

07:公益のための内部告発者は、公開された情報による公益が秘密保持における
  公益を上回る場合、報復措置を受けるべきではない。

08:情報漏洩への罰則は、その情報が公益を損い「実在して確認可能な重大な
  危険性」が生じる場合のみ検討されるべきである。

09:ジャーナリストその他、政府に勤めていない市民は、機密情報を受け取る
  こと、所有すること、公衆に公開することに対し、また機密情報を求めたり
  機密情報にアクセスすることに対して共謀その他の犯罪で訴追されるべきで
  はない。

10:ジャーナリストその他、政府に勤めていない市民は、情報流出の調査に
  おいて、秘密情報源や他の非公開情報を明かすことを強制されるべきでは
  ない。

11:裁判手続き情報は一般に公開されなければならない。裁判手続き情報に
  対する国民の根本的な権利を弱めるために、国家安全保障の発動に頼ること
  はならない。

12:人権侵害の被害者がその侵害行為への対応策を求めたり得たりすることを
  阻害するような国家機密や他の情報を、政府が秘密のままにすることは
  許されない。

13:安全保障分野には独立した監視機関を設けるべきであり、それらの機関は
  効果的な監視のために必要なすべての情報にアクセス可能でなければ
  ならない。

14:情報が機密化される期間は無制限であってはならない。秘密指定が許される
  最長期間は法律で定めるべきである。

15:秘密指定を解除する明確な手続きがなければならない。その際、公益に
  与する情報を優先的に解除する手続きも定めるべきである。

‥‥しごくまっとうな「原則」ではないだろうか。
世界中の叡智がじっくりと時間をかけて導き出した国際的な指針。
これを安倍晋三首相は20日の国会の委員会で「特定の民間団体が示した一つの
参考意見にすぎない」と切って捨てた。たまたま私はその発言を中継で聞いて
いたのだが、その口調のおぞましかったこと‥。
安倍首相はどこを向いているのだろう。何がしたいのだろう。そんなに戦争が
したいのなら、荒野のガンマンよろしく敵と考える国におひとりで乗り込んで
いって決闘でも申し込んでくださいな。国民を巻き込まないでくださいな。

何が秘密か‥それは秘密です。悪い冗談のような法案を通そうとしている政権に
ついては国連人権理事会の特別報告者2名も、強い懸念を表明している。(*)

c0135864_1742742.jpg

  
by beads-mici | 2013-11-23 17:44 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/20996584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京新聞 岩波書店 ‥そして他には? 石鯛‥じゃない‥某プロジェクト... >>