ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小さな宴

c0135864_18215532.jpg今日は七夕ですね。
TOKYOの空は曇っていて、
天の川は見えないけれど
もし願いが叶えられるならば
震災で被害を受けた人々が
1ミリでも希望の方へ
歩んでいけますように‥。
心の底から祈ります。

さて‥その七夕の笹を飾る
短冊のような札がさがって
いるノーラベルのボトルは、
昨夜友人と小さな宴で
愉しんだもの。
たまたま仕事がお休みだった
友人Fさんから「美味しい
日本酒をゲットしたので
いかがですか〜」とメイルが
来たのが昨日の午後。
うわーい、もちろん!という
わけで、ちょうど買い物で
近くの街まで出る私が
つまみ各種を調達することに。こういう場合の打ち合わせはスバヤイのだ(笑)
c0135864_1831465.jpg
塩味の焼き鳥各種と、夏野菜の串焼き(すごいウマかった‥)。

わさび菜のおひたし。c0135864_18325467.jpg
炙りサーモン。
煮ものいろいろ。
c0135864_1835367.jpg









などを肴に、東北のお酒を
愉しんだ。一の蔵のあとは、
先日仙台に出かけた友人
Sちゃんが宅配便で送って
くれたもう一本もあけて、
久しぶりの日本酒ナイトを
堪能したのでした〜。
Sちゃんもありがとうです。

c0135864_18415981.jpg


そしてもうひとつ、私に
とっての久しぶりは‥
猫ちゃん〜。
人懐っこい友人の飼い猫と、
たーっぷりと遊んだ幸せな
ひとときでした。
‥にゃん!
by beads-mici | 2011-07-07 18:30 | 食べたり・飲んだり | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/16568396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Sちゃん at 2011-07-11 23:14 x
美味しそうですね~~♪
これは二人の手作りですか?
Fさんって私が知ってるFさんですよね。(笑)
いいなぁ~…
今度は私も仲間に入れて下さ~い☆
Commented by beads-mici at 2011-07-12 11:36
東北への想いのこもった日本酒を送ってくださって
ありがとうです! 美味しくいただきましたよ。
つまみは‥え〜、手作りならぬ手‥盛りつけ(笑)
Fさんのステキなお皿の数々でさらに美味しそうでしょ。
<< やめちゃえば? 海江田さん ひとときの「有終の美」 >>