ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


湯布院にて:part 7 〜お散歩〜

湯布院は小さな小さな街である。駅の正面から伸びるメインストリートは、その
終点が見通せるぐらい。ひとすじ、ふたすじ裏には、いわゆる土産物屋や飲食店
などが軒を連ねる通りがあり、観光客で賑わっている。こうした通りはたとえば
「ここは軽井沢ですよ」と言われても「あ、そうですか」といった雰囲気の
いわば全国普及バージョン。前回訪れたときには確かなかった人力車まであり、
着いた当日宿に向かって歩いていたら、車夫のおにいさんに「いかがですかー。
元気が余ってるんですけどー」と声をかけられたのにはびっくりした。

こうしたどこに行っても同じような風情のエリアが観光地にあるというのは、
しょうがないのだろうな。私もそうねー学生の頃は、友人たちとどこかへ旅行
すると民芸品店をのぞいたり、ナントカ金賞受賞のコロッケやソフトクリームを
買い食いしたりしながら、きゃーきゃー楽しんでいたもの‥(と、遠い目)。

しかし我々おぢ&おばは、今やそうしたことにまったく興味がない。
で、何をするのかというと‥お散歩。
c0135864_18352897.jpg
なるべく人のいない方面へ、ゆらゆらと歩いて行くのです。
c0135864_1838561.jpg
この道の先に‥というのはちょっとウソで(笑)この道と交差する道をどっちかへ
行くと(すまぬ、私は方向音痴)あるのが‥
c0135864_1843222.jpg
金鱗湖。看板によればたくさんの魚がいるそうで鯉や鮒、うぐい、うなぎなどは
まあそうでしょ。スッポン、テラピヤは、ほんと? テラピヤは(豊後鯛)と
書いてあったが、確か食べられる外来魚。かつて箱根の温泉宿の庭の池でも
見ましたぞ。グッピーやジャンボたにしに至っては、どちらかと言うと環境
破壊をする魚たちではないだろうか。
c0135864_18522991.jpg
それはともかく、景色はきれい。
c0135864_18535177.jpg
c0135864_18563743.jpg
c0135864_18574715.jpg
裏手?というのか、湖を半周回り込むと神社があった。能舞台みたいな建物も
あり、今も使われているのだろうか‥。
人の写っていないこうした写真だと、静かなところに見えるだろうが、しかし
ちょうど紅葉の時期。この神社も旗をかかげたガイドさんがバスツアーの人々を
連れて練り歩いておりました。
c0135864_194450.jpg
見事な紅葉は、湯布院の宿の御三家と言われているうちのひとつ『亀の井別荘』
の前あたり。ここで一人の男性に、そして先程の水鳥がいたあたりの湖畔で
一人の女性に「写真をお願いしていいですか?」とカメラを渡された。ともに
アジア系の顔立ちで、多分中国か韓国の人みたい。一人で観光に来ているのね。
「はい、チーズ」が通じたどうかはわからないが、紅葉や湖をバックに写真を
撮ってあげて、ツレは「ついでに君も撮ったげるよ」だったが「いや‥私は
いいです」とおばさんは逃げた(笑)。
c0135864_19183656.jpg
『亀の井別荘』にも一般客が利用できる喫茶室や売店があるので、偵察?して
みたかったのだが、なにしろ人が多過ぎて「今度にしようか‥」。
そう、いろいろ見逃したモノを残しておくと再訪のための口実になる(笑)ので
今回もゆるーい感じで過ごしたのだった。次回はもう少し詳しい地図を持って
観光ポイントのない街の周辺を歩いてみたらきっと面白いのではないかな。
さて、季節はいつがよいのだろうか‥。
by beads-mici | 2010-12-06 18:43 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/15570444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 制作完了してました 湯布院にて:part 6 〜風... >>