ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ど根性桜

少し前、鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れたというニュースが流れた。
樹齢800年とも千年ともいわれているご神木で、長雨で地盤が緩んでいたのと
強い風のせいではないか、ということだった。寿命だろうからしょうがないね、
と思っていたら続報ではできる限りの手をつくして再生をめざす、とのこと。
知事などはクローン技術を使ってどうこうすれば‥と発言していたようだが、
そこまでするの〜? とちょっと微妙な心持ちではあった。もうご老齢の樹なの
だし、自然のままにするのがよいのでは? なにがなんでも延命させるという
現代医療の方向性とちょっとダブっているような気がして「‥‥‥」だった。

が、命は強し。残った根の部分からひこばえが芽吹いたそうだ。
ちっちゃ〜い若芽が10ほど、顔を出したとのこと。同時に倒れた部分の移植も
行なわれたそうで、こちらも条件がよければ根付くかもとのこと。
私としてはひこばえ組を応援したいな(笑)。いや、資料としての価値は
とてもある樹だろうから標本を残したりするのはよいと思うが、クローン苗まで
作って、ある意味強引に再生させるのは人間の傲慢ではないだろうか、と思って
いたものだから‥。まあ、ものの考え方はひとそれぞれですけどねー、と
思いながらいつもの道をウォーキングしていたら‥
c0135864_18222651.jpg

あら、なんかかわいい手作りの柵。c0135864_18224998.jpg 散った桜がくっついているのかな?
とよく見たら‥違う〜。柵に使って
ある枝に桜の花が咲いているのだ。
多分、剪定して落とした桜の枝を
適当な長さに切って適当に地面に刺し
柵として再利用したのだろう。
命は強し! この春、もっとも
印象的な桜かもしれない‥。
この時期はみんな上を向いてピンクの
輝きを浴びながら歩いているが、
足元を見ながらとぼとぼ歩くのも
悪くないですねぇ(笑)。
ただ、この桜の枝たち、全部根付いて
しまったらちょっとぎゅうづめすぎて
たいへんなコトになってしまうね。
観察のためウォーキングを続けよう。

c0135864_1823994.jpg

by beads-mici | 2010-04-03 19:10 | 薔薇と植物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/14089023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 花冷え‥でも、お花見 ぴっかぴか、の続き >>