ビーズと私の好きな  モノ・コト
by mici_no_suke
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
about mici
ビーズアクセサリーの
デザイン・制作を手がけつつ
フリーランスのライター&
スタイリストとしても活動中
好きなモノ・気になるコトを
綴っていきます

*ビーズアクセサリーの
お取り扱いは下記にて‥
CINQUIEME-サンキエーム-


カテゴリ
全体
ビーズ
薔薇と植物
スポーツ観戦〜自転車・F1〜
食べたり・飲んだり
音楽を愉しむ
日々のこと
3.11~ 震災そして原発のこと
未分類
ライフログ
お気に入りブログ
今夜もeat it
最新のコメント
ふだん、ひとりふたり分の..
by beads-mici at 17:22
お料理もしつらえも素晴ら..
by 花菜子 at 16:25
ええええええぇぇぇぇぇぇ..
by カエルの王女様 at 23:23
家庭内タイフーンは、まだ..
by beads-mici at 19:48
さ~~~~!9月だ! ..
by 花菜子 at 07:12
あらま!エビネは我が家に..
by カエルの王女様 at 16:50
お久しぶりでございます。..
by カエルの王女様 at 16:44
了解なりっ!
by beads-mici at 10:38
欲しいでする~。2~3個..
by imo-to at 20:13
かわいい~♪ほっこりしま..
by 花菜 at 09:42
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
more...
最新のトラックバック
日本趣味。西洋人をとらえ..
from dezire_photo &..
印象派の誕生発展と同時代..
from dezire_photo &..
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


『明日の神話』

c0135864_19555117.jpg

でかい〜!
岡本太郎氏の壁画 『明日の神話』。渋谷駅のコンコースの壁面に設置され、
10日ぐらい前にお披露目されたのかな。その数日後にたまたま通ったのだが、
最初の印象が(でかい〜)と(赤がきれい〜)だった。そして、まさに黒山の
人だかりという状況で、林立するケータイ(みーんな写真を撮っている)に
ちょっと笑ってしまったのだ。(ちなみにこの写真は昨夕撮ったもの。)
今日もこの前を通って仕事に行ったのだが、朝(というか昼間はずっと、だが)
自然光が入る時間帯は色彩がとてもきれいに見える。夕刻の帰りの時間帯は‥
あいかわらず写真を撮ってる人が多いですね。
壁画の設置工事が始まったのはいつごろだったろうか。何ヶ月、という単位
だったと思うがその工事で通路の幅が数メートル狭まって、しかしそれだけで
人の流れが渋滞し、通るたび(なんだよー)と小さく怒っていたのを思い出す。
そして、じゃ〜ん!とお披露目された数日後に通ったときも、やはり(なんだ
よー)と思ってしまったのですね。
なんでも広島市と大阪の吹田市とここ渋谷とで壮絶な誘致合戦があったらしい
のだが、渋谷に決まった理由ってなんだったのだろう。あるいは広島市や
吹田市はどういう設置の仕方を考えていたのだろう。
いや、実は初めて見たとき(わぁ、すごい!)で、じっくり観たかったのだが、
そして(第五福竜丸ってどれだ‥)と、やはりじっくり観たかったのだが、
なにしろ通路ですからね。人波に押されて(あ、あ〜)だった‥(笑)。
そして昨夕、写真を撮ろうとちょっとウロウロしたとき感じたのだが、この
「でかさ」を鑑賞するには「ひき」が足りないよ、この場所。
写真でもちらっと見える柱や、バナーみたいな看板?が目に入ってきてしまう。
まあ‥岡本太郎氏がこの壁画に託した想いを、逆に日常の、通路という場所で
感じてほしいというコンセプトがあるのならそれはそれであり、だと思うが‥。
ふーむ。もう少しほとぼりが冷めてから(笑)ゆっくり時間をとって
じっくり眺めに行ってみるかな。とにかく圧倒されるスケールではあります。
by beads-mici | 2008-11-26 20:47 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://beadsmici.exblog.jp/tb/10208216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< あらまあ‥ オリンピックボトル >>